松本城 ( まつもとじょう 長野県松本市 )
本丸御殿跡からのパノラマ
埋の橋付近からのパノラマ
(1)開智駐車場〜券売所
(2)黒門〜本丸御殿跡
(3)乾小天守
(4)天守一階
(5)天守二階1
(6)天守二階2
(7)天守三・四階〜五階
(8)天守六階
(9)天守四階
(10)辰巳附櫓二階〜月見櫓

   ● 松本城
        姫路城、犬山城、彦根城とともに国宝に指定されている名城です。
        五層六階の天守閣を持つお城として、現存するわが国のお城の中で
        は最も古いものです。
        北アルプスや、美ケ原高原の山並みを背景にして立つ、松本市のシ
        ンボル的存在です。
      *創始 
         松本城は、戦国時代の永正年代はじめに造られた深志城が始まり
         といわれています。
         戦国時代になり、世の中が乱れてくると、信濃府中といわれた松本
         平中心の井川に館を構えていた信濃の守護小笠原氏が、館を東の
         山麓の林地区に移すと、その家臣らは、林城を取り囲むように、支
         城を構えて、守りを固めました。深志城も、この頃に林城の前面を固
         めるために造られました。
         その後、甲斐の武田信玄が小笠原長時を追い、この地を占領し信濃
         支配の拠点としました。
         その後、天正10年(1582年)に小笠原貞慶が、本能寺の変による動
         乱の虚に乗じて深志城を回復し、名前を「松本城」と改めました。
      *天守築造
         豊臣秀吉は、天正18年(1590年)に小田原城に北条氏直を下し天
         下を統一すると、徳川家康を関東に移封しました。
         この時、松本城の小笠原氏は家康に従って下総へ移ると、秀吉は石
         川数正を松本城に封じました。
         数正・康長父子は、城と城下町の経営に力を尽くし、康長の代には天守三棟(天守・乾小天守・渡櫓)
         をはじめ、太鼓門・黒門・櫓・森などを造り、本丸・二の丸を固め、三の丸に武士を集めました。
         また、城下町の整備を進め、近世城郭としての松本城の基礎を固めました。
         天守の築造年代は、康長の文禄2年から3年(1593〜4年)と考えられています。
                                                    (松本城パンフレットより)

   ● 江戸時代中期の松本城の様子
       本丸と二の丸からなるこの地域は、松本城の中核部である。
       本丸には、面積約2730uの本丸御殿(政庁)と五重の天守閣が
       そびえてた。
       二の丸には、東から面積約2330uの二の丸御殿(藩庁)、面
       積約700uの古山地御殿(城主私邸)、藩の籾蔵、幕府の八
       千俵蔵(備蓄米2000石貯蔵)、焔硝蔵が並び、また外敵に備
       えて5棟の隅櫓がおかれていた。
       なお現在二の丸御殿跡は平面復元されている。


   ● 松本城と城下町
       松本城はもと深志(ふかし)城と呼ばれ、中世には小笠原
       氏の一支城であった。
       そのころすでに今の二の丸東側には市町が形成されて
       いたが、西方一帯は沼地であった。
       本格的な近世城づくりが始まったのは1580年代で、城
       郭と城下町一体の都市計画を推進したのは、豊臣大名
       としてこの地に入った石川氏である。
       天守を建てたのは2代康長の時で1593〜94年と推定さ
       れる。
       3重の水堀と塁を巡らして郭の縄張りを行い、本丸と二
       の丸を内部として三の丸を外郭とした。
       この広さはおよそ39万uで、内郭には天守、御殿、蔵など城主と藩の施設を置き外郭は城主の親衛隊
       である上級家臣の屋敷地とした。
       総延長3.5kmの塁上には透き間なく土塀をかけ、前面は完全囲繞の水堀で、厳重な城門を構える虎口
       (枡形と馬出し)だけが城内への通路である。
       城外は南から北へ通る善光寺街道に沿って城下町を割り、その東側に寺社を配置した。
       城下の町筋は格子状のものより鍵の手や丁字形交差が多い。
       居住区分は厳格で士と町人の混住はまったくなく、土屋敷地は木戸の内と外に分けて中級と軽輩の居
       住区とし、町人地は親町3町、枝町10町、24小路にランク付けして、身分と職業によって住まわせた。
       左図は城郭の北東上空から南方を望む鳥瞰図である。


   ● 松本城の沿革
       江戸時代の末には全国に186城の城郭が存在していたが明
       治維新を迎えると、旧物破壊の風潮が起こり多くの城が失わ
       れた。
       松本城もその波に洗われ、御殿は勿論門・塀や多くの櫓が壊
       されたり売却されたりした。
       その他土塁や石垣も崩され、堀も次第に埋め立てられた。
       総面積39万u(12万坪)といわれた広い城郭は、内堀を除いて
       外堀・総堀はその多くが埋められた。
       天守も一旦は235両永150文で売却され取り壊し寸前になった
       しかしこれは幸い市川量造氏等の奔走によって買い戻された。
       その後次第に城郭保存の風潮が高まり、昭和4年3月国宝保存法が施行されてから昭和20年までに、
       全国で22城が国宝に指定された。
       しかし第二次世界大戦で名古屋、大垣、和歌山、岡山、福山、広島の6城は天守を失い、松前城は火災
       を受けた。
       このため現在文化財保護法による国宝や重要文化財の天守は、わずか12城にすぎない。
          「国宝」      松本城・・犬山城・・彦根城・・姫路城
          「重要文化財」 弘前城・・丸岡城・松江城・・備中松山城・・丸亀城・・松山城・・宇和島城・・高知城
        

                        (画像をクリックすると、大きくなります)

         **************************************

     ● 見学コース
         開館時間・・・午前8時30分から午後5時まで  (入場できるのは午後4時30分まで)
                     ゴールデンウィーク、夏季期間は閉城時間を1時間延長
       休館日・・・・・12月29日から1月3日
       観覧料・・・・・大人 600円、小中学生 300円

     ● 駐車場
          *市営松本城大手門駐車場 (松本城まで徒歩約5分) 電話:0263-33-1010
                          開場時間 7時30分〜22時30分まで
                          普通車 30分ごと150円   大型車 30分ごと250円
          *市営開智駐車場 (松本城まで徒歩約3分) 電話:0263-39-6650
                          開場時間 8時00分〜18時00分まで
                          普通車 1時間以内200円 超過30分毎100円

     ● 松本城管理事務所
          〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号  電話:0263-32-2902 FAX:0263-32-2904
      ---------------------------------------------------------------------------
     ● アクセス
          *車の場合
             長野自動車道松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km 約15分
          *電車の場合
             JR篠ノ井線 松本駅下車 徒歩にて約15分
          *バスの場合
             松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース
                       「松本駅お城口」発 「松本城・市役所前」下車 乗車時間約10分


                 
   

                         (松本観光情報HPを参考にしました)


                         (画像をクリックすると、大きくなります)


                               ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ