美ケ原高原( 長野県松本市・上田市・長和町)
美しの塔からのパノラマ
王ケ頭からのパノラマ
牛伏山からのパノラマ(1)
牛伏山からのパノラマ(2)
王ケ頭コ-ス
牛伏山コ-ス

   ●美ケ原高原の由来
      八ヶ岳中信高原国定公園の北端に位置する高原台地です。
      今からおよそ100万年前に火山の噴出によってできた標高2、000M余、周囲40KM、面積600haの
      台地状に広がる高原で、200余種の高山植物と、蝶の多さは有名です。

      この地域は森林帯の分布では、山地帯から亜高山帯に属する地域で、本来ならば針葉樹林等の樹木
      が生育している地域ですが、明治時代の山火事をきっかけに現在の草原が成立したといわれています。


    ●美しの塔
      美ケ原産の鉄平石[てっぺいせき]でできた高さ6Mの塔で、美ケ原高原の
      シンボル的存在。
      1954年(昭和29)に登山者の霧鐘塔として建てられたもので、霧の多い日
      に鐘を鳴らして道標の役割を果たしました。
      現在の塔は、1984年(昭和59)に再建されたものです。
      壁面には美ケ原高原の開拓者である山本俊一氏のレリーフが埋め込まれ
      正面側には尾崎喜八が詠んだ詩文『美ケ原高原溶岩台地』の一節が刻ま
      れています。


   (王ケ頭)
      美ケ原高原の最高峰で標高2,034Mです。
      一帯は平坦な台地になっていて、各種の電波塔が立ち並び、ホテルもあります。
      浅間山・北アルプス・蓼科山・八ケ岳など展望が素晴らしく、さらに徒歩20分ほどの場所に「王ケ鼻」が
      あります。

        


   (牛伏山)
      美ケ原の北東に位置する標高1,989Mで、三角点はありませんが360度の展望。
      槍・穂高など北アルプス・東は浅間山・西は王ケ頭迄のハイキングコースも見えます。

  


     


   ●山本小屋・ふる里館
      美ケ原を開拓した山本俊一翁が築いた山本小屋は、美ケ原高原の牛伏
      山の麓に立つ展望レストランでロッジ風の造りになって、お土産物も売っ
      ています。
       (山本俊一翁)
         1925年(大正14年)7月、友人と初めて美ケ原に登山したのを機に
         美ケ原の開発に着手し1930年(昭和5年)6月、初の山小屋を完成。
         美ケ原の開発に一生をささげ、1952年(昭和27年)死去。
                                  享年70歳。


                      


              (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

   ●アクセス
       車の場合(冬期閉鎖期間があります 長野県松本建設事務所 電話番号0263(47)7800)
           中央自動車道
              岡谷IC通過。(美ヶ原コースに記載してあります)
              諏訪IC通過。(国道152→白樺湖→車山→霧ケ峰→八島湿原→扉峠→美ヶ原高原)
              松本IC通過。(アザレアライン→三城→ビーナスライン→扉峠→美ヶ原高原)
           上信越自動車道
              東部湯の丸IC通過。(県道81→国道152→県道62→武石観光センター→美ヶ原高原)

       電車の場合
          新宿−松本(特急あずさ) 2時間30分
          名古屋−松本(特急しなの)2時間10分


       バスの場合
           松本バスターミナル〜三城〜山本小屋〜美ヶ原高原美術館
                松本バスターミナル TEL:0263-32-0910(6:00〜20:00)


                     (画像をクリックすると、大きくなります)


                           ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ