浅草寺 ( せんそうじ 東京都台東区 )
本堂前からのパノラマ(1)
本堂前からのパノラマ(2)

(1)雷門→仲見世通り
(2)宝蔵門→お水舎  
(3)本堂
(4)弁天堂
(5)時の鐘→扇塚
(6)五重塔→浅草不動尊
(7)二天門→銭塚地蔵堂
(8)淡島堂→六角堂
(9)影向堂→薬師堂
(10)恵日須・大黒天堂
(11)新奥山
(12)伝法院→鎮護堂

   ●浅草寺縁起(由来)
       時は飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝、檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)の
       兄弟が江戸浦(隅田川)に漁撈中、はからずも一躰の観音さまのご尊像を感得しました。
       郷司(ごうじ)土師中知(はじのなかとも:名前には諸説あり)は、聖観世音菩薩さまであることを知り深く
       帰依し、その後出家、自宅を改めて寺となし、礼拝供養に生涯を捧げました。
       大化元年(645)、勝海上人(しょうかいしょうにん)がこの地においでになり、観音堂を建立し、夢告により
       ご本尊をご秘仏と定められ、以来今日までこの伝法の掟は厳守されています。
       広漠とした武蔵野の一画、東京湾の入江の一漁村にすぎなかった浅草は参拝の信徒が増すにつれ発
       展し、平安初期には、慈覚大師円仁さま(794〜864、浅草寺中興開山・比叡山天台座主3世)が来山さ
       れ、お前立のご本尊を謹刻されました。
       鎌倉時代に将軍の篤い帰依を受けた浅草寺は、次第に外護者として歴史上有名な武将らの信仰をも
       集め、伽藍の荘厳はいよいよ増しました。
       江戸時代の初め、徳川家康公によって幕府の祈願所と定められてからは、堂塔の威容さらに整い、江
       戸文化の中心として繁栄したのでした。
       都内最古の寺院である浅草寺は、「浅草観音」の名称で全国的に親しまれ、年間約3000万人もの参
       詣者がおとずれる、民衆信仰の中心地となっています。


                        

          (雷門)                     (宝蔵門)                   (五重塔)

                  

          (本堂)           (本尊感得の図/浅草寺寛文縁起絵巻より)   (柳之御影/浅草寺寺宝)
                                               (パンフレットより)

    ● 案内コース
        (1)雷門−→仲見世通り

        (2)宝蔵門−→おみくじ−→お水舎

        (3)本堂

        (4)弁天堂−→久米平内堂−→母子地蔵−→阿弥陀如来像−→

                                       −→二尊仏−→地蔵菩薩像 阿弥陀如来像

        (5)時の鐘−→松尾芭蕉の句碑−→扇塚−→添田唖蝉坊碑・添田知道筆塚−→都々逸塚

        (6)五重塔−→浅草寺事務所−→浅草不動尊−→三宝荒神堂−→地蔵菩薩

        (7)二天門−→手水鉢−→一葉観音−→宝篋印塔−→大イチョウ−→

                            −→九代目 市川團十郎−→銭塚地蔵堂−→カンカン地蔵尊

        (8)淡島堂−→写経供養塔−→胎内くぐりの灯籠−→天水桶−→針供養之塔−→

                      −→浅草大平和塔−→戦災供養地蔵尊−→浅草寺六角堂−→三峯社

        (9)影向堂−→六地蔵石燈籠−→一言不動尊−→

               −→橋本薬師堂−→聖観音菩薩像−→九頭竜権現−→金龍権現−→

                       −→仏頂尊勝陀羅尼碑−→三尊名号供養塔−→西仏板碑−→石橋

        (10)銅造宝篋印塔−→阿弥陀如来像−→恵日須・大黒天堂−→めぐみ地蔵尊−→

               −→銭塚弁財天−→出世地蔵尊−→子育地蔵尊−→商徳地蔵尊−→讃慈雲の泉

        (11)新奥山   瓜生岩子女子銅像−→高橋石斎之碑−→一葉観音像−→

                   −→福地桜痴紀功碑−→瀧沢世古碑−→浅草観光纉緒の碑−→

                   −→石井漠「山を登る」記念碑−→映画弁士塚−→曽我廼家五九郎顕彰碑→

                               −→喜劇人の碑−→戸田茂睡墓−→力石−→五瀬植松碑

        (12)伝法院

            鎮護堂   手水鉢−→鎮護堂−→加頭地蔵尊−→幇間塚−→神木・公孫樹−→水子地蔵尊

           

                           

                                          (浅草寺HPからお借りしました)

     (アクセス)
       鉄道
         東武スカイツリーライン・・浅草駅より徒歩5分  東京メトロ銀座線・・浅草駅より徒歩5分
         つくばエクスプレス・・・・・浅草駅より徒歩5分  都営地下鉄浅草線・・浅草駅A4出口より徒歩5分
       バス
         都営バス・京成タウンバス・台東区循環バスめぐりん
       車
         浅草寺に駐車場はありません。
         台東区雷門地下駐車場ほか、周辺の駐車場をご利用。


                         境内の浅草神社は別途記載しています


                           (浅草寺のHPを参考にしました)


                         (画像をクリックすると、大きくなります)


                               ● (ホームへ) ●


 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ