浅草神社 ( あさくさじんじゃ 東京都台東区 )
(1)社殿→神楽殿 (2)扇塚→花塚  (3)粧太夫碑→夫婦狛犬

   ●浅草神社
       明治初年の文書のよると、祭神は土師真中知命(はじのまつちのみこと)・桧
       前浜成命(ひのくまのはまなりのみこと)・桧前竹成命(ひのくまのたけなりの
       みこと)・東照宮である。
       浜成と竹成は隅田川で漁猟中、浅草寺本尊の観音像を網で拾い上げた人
       物、真中知はその像の奉安者といわれている。
       三神を祀る神社なので、「三社様」と呼ばれた。
       しかし鎮座年代は不詳。
       東照宮は権現様すなわち徳川家康のことで、慶安2年(1649)に合祀された。
       以来、三社大権現といい、明治元年(1868)三社明神、同6年浅草神社と改称
       した。
       現在の社殿は慶安2年12月、徳川家光が再建したもの。
       建築様式は、本殿と拝殿との間に「石の間」(弊殿・相の間ともいう)を設け、屋根の棟数の多いことを特徴
       とする権現造。
       この社殿は江戸時代初期の代表的権現造として評価が高く、国の重要文化財に指定されている。
       毎年5月に行われる例祭は「三社祭」の名で知られ、都指定無形民俗文化財「びんざさら」の奉演、百体近
       い町神輿の渡御があって、人々が群集し、賑やかである。
                           平成6年3月   台東区教育委員会

                  

          (社殿)                     (神楽殿)                   (手水舎)


    ● 案内コース
        (1) 手水舎−→社殿−→社務所−→神楽殿

        (2) (ろ)初代花柳寿輔句碑−→(は)扇塚−→(に)初代中村吉右衛門 句碑−→

                     −→(ほ)榧樹碑−→(へ)花塚−→(と)河竹黙阿弥顕彰碑−→*檜前の馬牧

        (3) (ち)初代市川猿翁句碑−→(り)百度石−→(ぬ)『友情はいつも宝物』碑−→

                          −→(る)粧(よそおい)太夫碑−→(を)久保田万太郎句碑−→
 
                                         −→(わ)川口松太郎句碑−→(か)夫婦狛犬



                           

                                         (浅草神社HPからお借りしました)

     (アクセス)
       鉄道
         東武スカイツリーライン・・浅草駅より徒歩7分   東京メトロ銀座線・・浅草駅より徒歩7分
         つくばエクスプレス・・・・・浅草駅より徒歩10分  都営地下鉄浅草線・・浅草駅A4出口より徒歩7分
       バス
         都営バス・京成タウンバス・台東区循環バスめぐりん
       車
         浅草寺に駐車場はありません。
         台東区雷門地下駐車場ほか、周辺の駐車場をご利用。


                              浅草寺境内にあります


                          (浅草神社のHPを参考にしました)


                         (画像をクリックすると、大きくなります)


                               ● (ホームへ) ●


 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ