清澄庭園 ( きよすみていえん 東京都江東区 )
長瀞峡付近からのパノラマ
小島からのパノラマ
涼亭先からのパノラマ
富士山そばからのパノラマ
(1)傘亭→磯渡り

磯渡りからのパノラマ
大正記念館前からのパノラマ
(2)芭蕉碑・花菖蒲田
(3)涼亭→富士山
(4)中の島→大磯渡り
(5)大正記念館

  ● 清澄庭園
       一節には江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷と伝えられています。
       享保年間(1716〜1736年)に下総国、関宿藩主久世大和守(くぜやまとのか
       み)の下屋敷となり庭園のもとが形造られました。
       明治11(1878)年に岩崎弥太郎がこの邸地を含む一帯約3万坪を取得し、社
       員の慰安や貴賓を招待する場所として造園を計画、明治13(1880)年に「深
       川親睦園」を開園しました。
       その後も造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ築山、
       周囲には全国から取り寄せた名石を配して明治の庭園を代表する「回遊式
       林泉庭園」として完成しました。
       関東大震災後、大正13(1924)年、震災被害の比較的少ない東半分が岩崎        (大正記念館)
       家から東京市に寄附され、「清澄庭園」として復旧、整備して、昭和7(1932)
       年7月に東京市の公園として開園しました。
       また、昭和52(1977)年には、庭園の西側に隣接する敷地を開放公園として
       追加開園しました。
       昭和54(1979)年3月31日に、「清澄庭園」は東京都の名勝に指定されていま
       す。
       なお大正12(1923)年9月の関東大震災や昭和20(1945)年3月の大空襲の時
       には避難場所として多くの命を救いました。
          開園年月日  昭和7(1932)年7月24日
          開園面積    庭園 37,434,32平方メートル          (涼亭→)
                    開放公園 43,656.95平方メートル


         



    



                                               (枯滝→)
  ● 名石
     伊豆磯石、伊予青石、紀州青石、生駒石、伊豆式根島石、佐渡赤玉石、備中御
     影石、讃岐御影石。
     これらは庭園に据えられた庭石の代表的なものです。
     このほか敷石や橋、磯渡り、枯滝の石を含め、園内には無数の石が配置され、さ
     ながら「石庭」の観を呈しています。
     これらの石は、岩崎家が自社の汽船を用いて全国の石の産地から集めたもので
     す。

                  

      (佐渡赤玉石)              (伊豆式根島石)          (伊豆磯石)       (紀州青石)


     ● 案内コース
          (1) 入口−→大正記念館−→サービスセンター−→なつめ水鉢−→涼亭方面−→

                −→石橋/仙舎石−→山燈籠/讃岐御影石−→17/伊豆磯石−→

                  −→石橋を渡らず戻り涼亭方面−→飛び石を渡る−→19/紀州青石−→

                       −→飛び石を渡る−→傘亭−→21/伊豆川奈石−→磯渡り−→松島/多層塔

          (2) 突き当たり左折−→25/伊豆磯石−→24/伊豆磯石−→23/伊豆式根島石−→

                    −→石碑/清澄庭園記−→26/伊豆磯石−→自由広場/芭蕉碑−→花菖蒲田方面

          (3) 27/相州加治屋石−→28/紀州青石−→29/伊予青石−→31/武州三波青石−→

               −→33/伊予青石−→涼亭−→37/伊予青石−→対岸/富士山−→39/真鶴石−→

               −→40/紀州青石−→富士山−→枯滝−→伊豆磯石−→41/紀州青石−→

                  −→42/伊豆磯石−→水鉢/伊予青石−→45/伊豆式根島石−→46/伊豆式根島石

          (4) 石仏群−→伊勢御影/九重塔−→中の島−→芦辺の浜−→48/伊豆式根島石−→

              −→伊勢御影/組井−→多重塔(11重)−→49/伊豆網代石−→磯渡り−→船付石/仙台石

                    −→大磯渡り−→14/紀州青石−→15/伊予青石−→石橋から大磯渡りを戻る

          (5) 12/伊豆網代石−→高松宮記念植樹−→水鉢/攝津御影石−→大正記念館−→

               −→11/生駒石−→10/伊豆網代石−→9/伊豆川奈石−→8/伊豆磯石−→

                −→つくばい−→6/伊豆式根島石−→水鉢/大和御影石−→7/佐渡赤玉石−→

                        −→5/生駒石−→分岐を左側−→燈籠−→2/伊豆川石−→1/伊豆磯石


     ● 開園時間  午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)

     ● 無料公開日 みどりの日(5月4日)  都民の日(10月1日)

     ● 休園日    年末年始(12月29日〜1月1日)

     ● 入園料    一般150円 65歳以上70円
                 (小学生以下・都内在住または在学の中学生は無料)

     ● 庭園ガイド(無料)
                土曜日、日曜日、祝日(午前11時・午後2時の1日2回)

     ● アクセス
          電車
            都営地下鉄大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」下車 徒歩3分

          バス(都営バス)
            亀戸駅北口7番乗場(門33)  豊海水産埠頭行き  「清澄庭園前」下車 徒歩3分

           駐車場はありません


                     


                            (清澄庭園HPを参考にしました)

         (別途、浜離宮恩賜庭園・・六義園 ・・小石川後楽園 ・・・・旧芝離宮恩賜庭園を載せてあります)


                          (画像をクリックすると、大きくなります)

                                ● (ホームへ) ●


 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ