小石川後楽園 (こいしかわこうらくえん 東京都文京区)
内庭からのパノラマ1
内庭からのパノラマ2
紅葉林付近からのパノラマ
異形燈籠からのパノラマ
庭園入口付近からのパノラマ
渡月橋からのパノラマ
音羽滝付近からのパノラマ
松原からのパノラマ
(1)涵徳亭→大堰川→屏風岩
(2)得仁堂→松原→九八屋
(3)梅園
(4)大泉水→内庭

  ● 小石川後楽園
         面積 70847平方メートル   開園 昭和13年4月3日
       小石川後楽園は、旧水戸徳川家の江戸上屋敷の後園で林泉美に富む回
       遊式築山、山水庭園です。
       江戸時代初め、徳川御三家の一つであった水戸家の祖 徳川頼房は、寛
       永6年(1629)三代将軍家光から与えられた この邸地に回遊式庭園を築造
       しました。
       二代目藩主光圀も本園の築庭には力を注ぎ、当時、隣国明の遺臣で我が
       国に亡命していた朱舜水の意見を用い、今見る様な中国趣味豊かな手法
       を加味しました。
       因みに後楽園の名は、光圀が舜水に命じて選んだもので、宋の范文正の「
       岳陽楼記」中、士当先天下之憂而憂、後天下之楽而楽一からとったもので
       す。
       その後も、たびたびの改修や震災火災で、創築時代の壮観さこそ失われたものの遂次手が加えられる
       など、幾多の時代の変遷を経て現在に至っています。

       本園は、土の香ただよう奥深い山地と、樹林に包まれた静寂な水面の中に各地の名所を写し、自然の
       美と人工の妙とを兼ねそなえた庭園芸術の粋を見せています。
       また園内は数々の園亭祠堂があり、梅、桜、藤、花菖蒲など四季折々の花が豊富で都会では貴重な緑
       として、訪れる者に憩いの場を提供しています。
       なお本園は、大正12年3月、国の史跡名勝に、また昭和27年3月、文化財保護法により、特別史跡及び
       特別名勝に指定されました。


   



        



                


     ● 案内コース
          (1) 入口−→サービスセンター−→涵徳亭−→庭園入口−→有楽椿−→渡月橋−→

                           −→西湖の堤−→大堰川−→屏風岩−→清水観音堂跡−→通天橋

          (2) 得仁堂−→音羽の滝−→丸屋−→白糸の滝−→松原−→

                                   −→売店−→九八屋−→不老水−→藤棚、ショウブ田

          (3) 神田上水跡−→梅園−→琴画亭跡−→藤田東湖護母致命之記念碑

          (4) 大泉水−→異形燈籠−→えいよう碑−→内庭−→藤田東湖先生遺蹟−→

               −→東屋−→記念碑(陸軍造幣廠 東京工廠跡)−→唐門跡−→寝覚の滝−→

                       −→木曽山−→白雲台跡−→紅葉林−→駐歩泉−→西行堂跡−→枯滝



     ● 開園時間  午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)

     ● 無料公開日 みどりの日(5月4日)  都民の日(10月1日)

     ● 休園日    年末年始(12月29日〜1月1日)

     ● 入園料    一般300円 65歳以上150円
                 (小学生以下・都内在住または在学の中学生は無料)

     ● アクセス
           都営地下鉄大江戸線「飯田橋」(E06)C3出口下車 徒歩3分
           JR総武線「飯田橋」東口下車 徒歩8分
           東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋」(T06・Y13・N10)A1出口下車 徒歩8分
           東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」(M22・N11)中央口下車 徒歩8分

           駐車場はありません


                     


                          (小石川後楽園HPを参考にしました)


            (別途、浜離宮恩賜庭園・・旧芝離宮恩賜庭園・・六義園 ・・清澄庭園を載せてあります)


                          (画像をクリックすると、大きくなります)


                                ● (ホームへ) ●
   
 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ