旧芝離宮恩賜庭園(きゅうしばりきゅうおんしていえん 東京都港区)
小池付近からのパノラマ
九尺台からのパノラマ
西湖の堤付近からのパノラマ
大山からのパノラマ

砂浜付近からのパノラマ
(1)滝石組→九尺台
(2)西湖の堤→中島
(3)大山→小池周辺

    旧芝離宮恩賜庭園
       延宝6年(1678年)、4代将軍徳川家綱から埋立地であったこの地
       を拝領した老中大久保加賀守忠朝はここに屋敷を造り、作庭を始
       めました。
       庭は貞享3年(1686年)までに完成し、「楽寿園」と命名されました。
       これが本庭園の起源です。
       「楽寿園」は典型的な回遊式庭園で、園景の中心には江戸の水
       辺庭園特有の潮入りの池があり、干満によって景色が変化する
       よう工夫されていました。
       池泉の中央部には中国杭州の西湖堤を模した堤や蓬莱山を表し
       た中島など中国の趣を取り入れ、築山のうえから白帆の行きかう
       沖合の海の展望にも意を注ぐつくりでした。
       その後、大久保氏により数氏経て、幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となり、さらに有栖川宮家を経て宮内
       省の買い上げにより明治9年「芝離宮」となりました。
       明治24年には迎賓館としての役割を果たすために園内に洋館を新築し
       以来、多くの外国貴賓を迎えました。
       大正12年の関東大震災で洋館等が焼失したものの翌13年1月、昭和天
       皇の御成婚を記念して東京市に下賜され、市では震災復旧を行い同年
       4月に「旧芝離宮庭園」として一般に公開しました。
       現在は周囲の埋立、林立するビルにより潮入りの機能、海の展望は失わ
       れましたが、中島の蓬莱山をはじめとする石組の妙は昔日の面影を残し
       ています。
       昭和54年、文化財保護法により国の「名勝」に指定されました。
       総面積は43,175,36平方メートルです。


     



                  



       




     ● 案内コース
          (1) 入口−→サービスセンター−→藤棚−→弓道場−→大泉水−→

                            −→海水取入口跡−→あかがし−→滝石組−→東屋−→九尺台

          (2) 大島−→鯛橋−→根府川山−→唐津山−→石柱−→

                                       −→たぶのき−→西湖の堤−→中島−→八ッ橋

          (3) 大山−→枯滝−→砂浜−→ケヤキ−→雪見燈籠−→雪吊り−→

                                  −→いんどはまゆう−→小池周辺−→たぶのき−→出口


     ● 開園時間  午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)

     ● 無料公開日 みどりの日(5月4日)  都民の日(10月1日)

     ● 休園日    年末年始(12月29日〜1月3日)

     ● 入園料    一般300円 65歳以上150円 (小学生以下・都内在住または在学の中学生は無料)

     ● アクセス
           JR山手線・京浜東北線「浜松町」北口下車 徒歩1分
           都営地下鉄大江戸線・浅草線「飯田橋」下車 徒歩3分
                 駐車場はありません


                     


                          (旧芝離宮恩賜庭園HPを参考にしました)

             (別途、浜離宮恩賜庭園・・小石川後楽園・・六義園・・清澄庭園を載せてあります)


                          (画像をクリックすると、大きくなります)

                                ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ