掛川城御殿 ( かけがわじょうごてん 静岡県掛川市 )
(1)広間→御書院上の間 (2)小書院→吟味奉行 (3)大目付→御談の間

   ● 掛川城御殿
        儀式・公式対面などの藩の公的式典の場、藩主の公邸、藩内の政務をつかさどる役所という3つの機
        能を合わせ持った施設です。
        掛川城御殿 は二の丸に建てられた江戸時代後期の建物で、現存する城郭御殿しては、京都 二条城
        など全国で4箇所しかない貴重な建築物です。
        書院造りと呼ばれる建築様式で、畳を敷き詰めた多くの部屋が連なり、各部屋は襖によって仕切られ
        ています。
        当初は本丸にも御殿が作られましたが、老朽化したり災害にあって、二の丸に移りました。
        その後、江戸時代の藩の政治や大名の生活が偲ばれる貴重な建物として、昭和47年(1972)から昭和
        50年(1975)まで保存修理が実施され、昭和55(1980)年1月26日、国の重要文化財に指定されました。


                     



                  



             


    ● 案内コース

       (1) 玄関−→広間−→時刻の大太鼓−→三の間−→二の間−→次の間−→御書院上の間→中庭

       (2) 小書院−→次の間−→長囲炉裏の間−→足軽目付−→土間−→徒目付−→吟味奉行

       (3) 大目付−→御用部屋−→張役所−→賄方−→御談の間−→黒土塁



    ● 入館の案内(年中無休)
         開館時間・・・・午前9時〜午後5時まで(入館は4時30分まで)

         入館料・・・・・天守閣・御殿 大人(高校生以上) 410円 / 小中学生 150円 


                       

                                               (掛川城公園HPからお借りしました)
             (アクセス)
               電車の場合
                    JR掛川駅より徒歩7分
                車の場合
                    東名高速道路掛川I.C.より約10分(大手門駐車場まで約5分)
                  有料駐車場
                    大手門駐車場(有料約200台)
                    掛川城公園駐車場(有料58台/乗用車のみ)


                  別途、掛川城天守閣竹の丸・二の丸茶室を載せてあります。


                           (掛川城公園HPを参考にしました)


                         (画像をクリックすると、大きくなります)


                               ● (ホームへ) ●


  

HTML Builder from Excel   作成:QQQ