八王子城跡 (  東京都八王子市  )
曳橋手前からのパノラマ
御主殿跡からのパノラマ(夏)
御主殿跡からのパノラマ(冬)
御主殿跡コ-ス
石仏巡りコ-ス
本丸跡コ-ス
本丸跡〜御主殿跡コ-ス

  ●八王子城
     八王子城は、戦国末期の天正年間(1580年頃)に、北条氏照により
     築城された山城です。
     小田原城とともに戦国時代最大規模の城域を誇っていました。
     天正18(1590)年6月23日に豊臣秀吉の軍勢により落城し、その結
     果小田原の北条氏は降伏し、秀吉の天下統一が実現しました。

     平成18年4月に日本城郭協会より「日本100名城」に選定。
     「日本100名城」には、世界遺産の姫路城、国宝の彦根城・松本城、
     また東京都内では江戸城などの名城が選定されており、八王子城
     は戦国の山城の状態を良く残していることなどから選ばれました。


  ●八王子城の攻防
     八王子城の戦いは、わずか1日で決着しましたが、とても激しい戦いでした。
     天正18年(1590年)6月23日、豊臣側の前田利家軍は城の大手側、上杉景勝軍は搦手(からめて)
     側に分かれて攻め込みました。
     このとき八王子城主北条氏照は小田原城に詰めており、留守を横地監物(よこちけんもつ)・中山勘
     解由(なかやまかげゆ)らの重臣が守っていました。
     重臣らは奮戦しましたが、ついに搦手側から破られ、ついで大手側も陥落、重臣らの多くも討ち死にし
     八王子城は落城しました。
     この戦いの様子は、江戸時代に編さんされた「新編武蔵国風土起稿」や「武蔵名勝図会」に記されて
     います。

  ●氏照の暮らしぶり
     戦国時代はいつも合戦とその準備をしていたイメージがありますが、八王子城から出土した遺構・遺
     物から見てみると、そのイメージとは程遠いものです。
     中国から輸入された五彩で華やかなお皿で、領国内から取れたアワビやサザエなどを食べベネチア
     で作られたレースガラス器や信楽焼きの花器を飾り、そのもとでお茶をたしなみ、枯山水の庭を眺め
     お酒を飲んだ日々が思い浮かばれます。
     これらの品々は、さぞ北条氏照の心を和ませていたのではないでしょうか。


            


               ● 片倉城跡公園も載せてありますので、ご覧ください ●


  (アクセス)
     徒歩の方・・・・JR・京王線の高尾駅(北口)下車し国道20号線を渡り
              まっすぐ上っていきます。
              多摩森林科学園の所を左折し、2つ目の信号を左折。
                (左側・・妙観寺)
              中央高速道路をくぐり、”八王子城址入り口”を左折し、
              道なりに行くと入り口です。
                 (高尾駅から約40分)

     バスの方・・・・JR・京王線の高尾駅(北口)下車。
                 霊園正面経由”恩方車庫”行・・”宝生寺団地”行
                 恩方車庫経由”美山町”行・・”大久保”行
                 大久保経由”陣馬高原下”行            (城山を守る会HPの地図参照)
                 ”高尾の森わくわくビレッジ”行
               バス停”霊園前”下車し、徒歩20分で入り口です。

     車の方・・・・・国道20号を八王子方面から来て、”町田街道入り口”
             で右折。
             多摩森林科学園(左手)の所を通過し、2つ目の信号を左折。  (左側・・妙観寺)
             中央高速道路をくぐり、”八王子城址入り口”を左折し、道なりに進み入り口の手前右側
             に駐車場があります。
                         利用時間 AM8:30〜PM5:00

                       



                      ((城山を守る会・HPを参考にしました))


                       (画像をクリックすると、大きくなります)


                           ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ