久能山東照宮 ( くのうざんとうしょうぐう 静岡県静岡市 )
(1)日本平ロープウェイ(日本平駅→久能山駅) (3)唐門→神楽殿→神庫→日枝神社
(5)神廟
(2)桜門→手水鉢→神厩→鼓楼→神饌所 (4)社殿(本殿・石ノ間・拝殿) (6)博物館→勘助井戸→門衛所→一ノ門→表参道石段

                       ● 表参道石段からのパノラマ ●
  ● 久能山東照宮
       久能山には、推古天皇のころ(592〜628年)、久能忠仁が建立した
       と伝えられた久能寺があった。
       静岡茶の始祖といわれる聖一国師がここで修行し、また多くの名僧
       が往来し隆盛をきわめた。
       下って永禄11年(1568年)、駿府へ進出した武田信玄は、久能寺を
       現在の鉄舟寺に移し、この要害の地に久能城を築いたが、武田氏
       の滅亡とともに徳川氏の領有するところとなった。
       徳川家康は、大御所として駿府に在城当時「久能城は駿府城の本
       丸と思う」と、久能山の重要性を説いたといわれる。
       薨去後、その遺言によりここに葬られた。
       二代将軍秀忠によって社殿が造営された、我が国最初の東照宮である。
       権現造りの総漆塗り極彩色の社殿は、江戸時代を表する大工棟梁、中井大和守正清(なかいやまとのかみ
       まさきよ)の手によって造営され、本殿・石の間・拝殿が国宝に指定されている。
       彫刻、模様組物等は桃山時代の文化の面影を残しながら、江戸初期の特徴を伝えている。
       そのほか、神庫、神楽殿、 鼓楼等の建物も重要文化財に指定されている。          静岡市

                    


                            


  ● 案内コース
       (1) 日本平ロープウェイ(日本平駅−→久能山駅)

       (2) 桜門−→東照公御遺訓−→家康公御手形−−→稲荷神社・厳島神社−→家康梅−→萬年青献上
             −→手水鉢−→神厩鼓楼−→柳生家の家訓−→五重塔跡−→神饌所−→八房梅−→実割梅

       (3) 唐門−→神楽殿−→神庫−→日枝神社

       (4) 社殿(本殿・石ノ間・拝殿)

       (5) 神廟

       (6) 博物館−→旧宝物館・勘助井戸−→門衛所−→一ノ門−→表参道石段


  ● 拝観料(大人は高校生以上、小人は小学生・中学生)  ● 拝観時間(年中無休)  
             社 殿   博物館   共 通                4月1日〜9月30日  午前9時〜午後5時
        大人  500円   400円   800円                10月1日〜3月31日 午前9時〜午後4時
        小人  200円   150円   300円

  ● 史跡 久能山
      1指定年月日  昭和34年6月17日
      1指定理由
          久能山はおよそ7世紀の頃に開かれ久能忠仁の建立し
          た久能寺、武田信玄の築城した久能山城、徳川二代将
          軍秀忠公の創建した東照宮とその時代時代の歴史の変
          遷の跡を見ることが出来る。
      1久能寺
          久能山縁起によれば7世紀の頃に秦氏の久能忠仁が一
          寺を建て、補陀落山久能寺とし、久能山と称したと伝えら
          れる。
          その後平安時代から鎌倉時代にかけて隆昌を極めたが、山麓の失火により山内の殆どの坊等が焼失
          した。
          今川時代には相当復興した。
      1久能寺山城
          永禄11年(1568)12月武田信玄は、当山が要害の地である事を知って寺院を清水北矢部に移し、城砦
          を築いて久能山城と称した。
          天正10年(1582)武田氏が滅亡したことで徳川氏の所有となった。
          山上の勘助井戸、愛宕の曲輪等は当時を物語るものである。 
      1東照宮
          徳川家康公は、生前久能山城を駿府要害の地なりとして重要視し、且つ風光を愛せられた。
          元和2年(1616)4月17日家康公が、駿府(静岡)に歿するときの遺言により、この地に埋葬され二代将軍
          秀忠公は、壮麗な権現造りの社殿を造営した。
          これが現在の東照宮で、14棟が国宝・重要文化財に指定される。


  ● 日本平ロープウェイ
      日本観光地百選で1位に選ばれたこともある名勝「日本平」の山頂と徳川家康ゆかりの史跡「久能山東照宮」
      を5分間で結んでいる索道です。
      ゴンドラから四季折々姿を変える屏風谷、駿河湾から遠く伊豆半島、御前崎を望みながら全長1065mの空中
      遊覧を楽しめます。

                    


            ロープウェイ料金
              *一般運賃
                 大人    往復 1,000円   片道 550円
                 小人(4〜12才) 往復 500円   片道 280円
              *ロープウェイ往復+東照宮拝観+東照宮博物館入館券   3点セット券
                 大人 (高校生以上) 1,650円   中学生 1,200円   小学生 750円


                        ●● 近くに「日本平」があります ●●


                         


   ● アクセス
       久能山東照宮には、自動車の直接乗り入れが出来ません。
       「日本平ロープウェイ利用」と「久能山下からの徒歩ルート」があります。
          *日本平ロープウェイ利用
              車の場合
                 東名清水I.C.より清水日本平パークウェイ経由で約30分
                 東名静岡I.C.より静岡日本平パークウェイ経由で約30分
              バスの場合
                 JR静岡駅11番バス停より「しずてつジャストラインバス」
                 「日本平ロープウェイ行き」にて終点「日本平ロープウェイ」下車 約40分
              タクシーの場合
                 JR静岡駅より約30分  JR清水駅より約25分  JR東静岡駅より約15分
          *久能山下からの徒歩ルート
              車の場合
                 東名静岡・清水インターより交差点「久能山下」(約40分)
                    駐車場は久能山下周辺の民間駐車場を利用
                 山下からは石段(1159段)登ります(約20分)
              バスの場合
                 JR静岡駅より、しずてつジャストライン「東大谷行き」にて終点「東大谷」下車(約40分)
                 東大谷バス停で「久能山下行き」のバスに乗り換え、終点「久能山下」で下車(約15分)
                 ※ 日に2本、静岡駅から直通バス「久能山下行き」で (約50分)
                 ※ 日に数本、JR清水駅から静岡鉄道バス「久能山下行き」で (約40分)
                 山下からは石段(1159段)登ります(約20分)


               (久能山東照宮・日本平ロープウェイのHPを参考にしました)


             (別途、上野東照宮日光東照宮広島東照宮を記載してあります)


                       (画像をクリックすると、大きくなります)


                             ● (ホームへ) ●

  

HTML Builder from Excel   作成:QQQ