富岡製糸場 ( とみおかせいしじょう 群馬県富岡市)
検査人館
女工館
繰糸場
ブリューナ館(首長館)
東繭倉庫・乾燥場
西繭倉庫・煙突

   ● 富岡製糸場
        明治3年横浜のフランス商館勤務のポール・ブリュナ(Paul Brunat)
        らが武蔵(むさし)・上野(こうずけ)・信濃(しなの)の各県 を調査し
        上野(今の群馬県)の富岡に場所を決定しました。

        明治5年(1872年)、明治政府が日本の近代化のために最初に設
        置した官営模範器械製糸場です。
        繰糸場は長さ約140.4m、幅12.3m、高さ12.1mで、当時、世界最大
        規模を 誇っていました。
        300人繰りの繰糸器が置かれ、全国から集まった工女たちにより
        本格的な器械製糸が始まりました。

        明治26年(1893)に三井家に払い下げ、明治35年(1902)に 原合会社に譲渡。
        昭和14年(1939)に、片倉製糸紡績株式会社(片倉工業株式会社)に合併。
        昭和62年(1987)3月ついにその操業を停止し、保存されています。


   ● 富岡製糸場の現在
       平成17年(2005年)7月14日に、国史跡に。
       平成18年(2006年)7月5日に、明治8年(1875年)以前の建造物が
       国の重要文化財に指定。 (現在、富岡市で管理)


   ● ユネスコ世界遺産暫定リストに記載されました。
       平成19年1月23日、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産暫
       定一覧表の追加物件として選定、1月30日にユネスコ世界遺産セン
       ターにおいて同物件が受理され、世界遺産暫定一覧表に記載されま
       した。
       6月27日にユネスコ世界遺産委員会において、世界遺産暫定一覧
       表追加物件として報告されました。


   ● 記念碑
       創業翌年の明治6年(1873)、明治天皇の要請により、皇后、皇太后
       ご一行が 富岡製糸場を行啓されました。
       70周年の昭和18年(1943)に行啓記念碑を建立(高さ4.6m、重量5.34t)
       台石は工女が皇后から賜った扇をかたどり、台座は三波石です。
       皇后が詠まれた
         「いと車 とくもめくりて大御代の 富をたすくる道ひらけつつ」
       この歌には、製糸場の発展が日本の繁栄につながることへの期待感
       が表わされています。


  門を入ると「券売所」・「記念碑・片倉工業株式会社」・「国指定史跡・旧富岡製糸場」などがあります。

              

         (券売所)           (記念碑・片倉工業株式会社)    (国指定史跡・旧富岡製糸場)

    個人でのご見学の場合は、解説案内(約1時間)が
    あります。 (自由参加)
    案内図に従って見学します。

       検査人館−−→女工館−−→繰糸場−→

       −−→ブリューナ館(首長館)−−→

       −−→東繭倉庫−−→西繭倉庫

            (画像をクリックすると、大きくなります)



 ● 検査人館のそばに、「日本近代産業発祥百年祭記念樹」の百日紅が植えられています。
     ( ● 検査人館の内容は、上記の欄をクリックしてください)

                  

         (検査人館)             (百年祭記念樹)          (百日紅・さるすべり)


 ● 女工館  ( ● 女工館の内容は、上記の欄をクリックしてください)

        

          (女工館)           (左側が2号館)


 ● 繰糸場の建物の内部には昭和40年(1965)以降に設置された自動繰糸機が残されています。
     ( ● 繰糸場の内容は、上記の欄をクリックしてください)

                      

        (繰糸場入口)                             (建物の間から煙突が見えます)

 ● 片倉診療所
     工女たちの就労条件や福利厚生まで備わっていたようです。

 ● 糸の倉庫
     繭の倉庫とは違い、こじんまりとした糸の倉庫。

              

                   (片倉診療所)                          (糸の倉庫)

 ● ブリューナ館(首長館)はフランス人指導者ポール・ブリューナが、家族と共に居住していました。
     ( ● ブリューナ館の内容は、上記の欄をクリックしてください)

             


                   

 ● レンガ積排水溝(明治5年(1872)建築)
     製糸場から出る糸をとった後の排水と、建物屋敷からの雨水ために作られた下水道です。
     明治時代の下水道は珍しく、排水溝まで完備されている衛生環境の整った工場は初めてでした。

                     

 ● 東繭倉庫は二階建ての倉庫で、風通しの良い2階に繭を保管し、1階は事務所や繭取扱所として使用。
     ( ● 東繭倉庫・乾燥場の内容は、上記の欄をクリックしてください)

                  

      (東繭倉庫入口)          (明治5年建設)

 ● 西繭倉庫は、東繭倉庫と同様に2階に繭を保管しました。
     ( ● 西繭倉庫・煙突の内容は、上記の欄をクリックしてください)
                    

                       (西繭倉庫)                        (煙突)

     ● 開場時間
          午前9時から午後5時まで (受付時間は午後4時30分まで)

          個人での見学の場合、下記の時間で解説案内(約1時間)があります。 (自由参加)
               (1月1日〜3日は、解説をお休み)
          解説開始時間
              午前9時30分・10時・11時、午後1時・2時・3時・4時
                  (午前9時30分、午後4時は4月〜9月のみ)
          休場日 12/29〜12/31 (点検・整備等で臨時休場となる場合があります。)

     ● 見学料
         個人・・・大人 500円  高校・大学生 (要学生証) 250円  小・中学生 150円
          *未就学児・市内の小中学生は無料
          *障害者手帳をお持ちの方と介護者(1名)は無料


                         


     ● アクセス
         車・・・・・・上信越自動車道富岡I.C下車、5分(3q)

         電車・・・・・東京駅〜高崎駅(上越・長野新幹線)1時間
                高崎駅で上信電鉄に乗換え(約40分)
                上州富岡駅下車、徒歩10分(1q)

         駐車場 (富岡製糸場は車両の乗り入れができません)
            宮本町駐車場 上町駐車場 仲町駐車場(工事中)
        市営駐車場料金
            乗用車  1台 30分 100円(最初の30分は無料)
               夜間(午後7時〜翌日午前8時)は500円を上限
         詳しくは富岡製糸場(0274-64-0005)まで          (富岡製糸場HPからお借りしました)


                        (富岡製糸場HPを参考にしました)


                       (画像をクリックすると、大きくなります)


                             ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ