禄剛埼灯台 ( ろっこうざきとうだい 石川県珠洲市 )
椿展望台 禄剛崎灯台からのパノラマ 禄剛埼灯台

   ● 椿展望台
        珠洲の大谷と木の浦の間の椿峠にあり、眼下に広がるヤブツバキの林と能登・外浦海岸美をみること
        ができます。

             


   ● 禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい)
        歴史的・文化的価値の高さから、Aランクの保存灯台に指定されているほか、「日本の灯台50選」にも
        選ばれ、通称、狼煙灯台(のろしとうだい)と呼ばれています。
        「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所でみれることで有名で、晴れた日には遠く立山連峰や
        佐渡島を望むことができるそうです。


      

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            


      (アクセス)
          椿展望台
             輪島市から国道249号を珠洲市方面へ。
             珠洲市に入り国道249号と分かれ県道28号(海岸沿い)へ。
             大谷と木ノ浦の間に椿峠があり、左側に広い駐車場・トイレ・看板「中部
             北陸自然歩道 禄剛崎をめぐるみち」があります。

          道の駅 狼煙(のろし)−(徒歩7〜8分)→禄剛崎灯台
             「椿展望台」から県道28号(海岸沿い)を進み、約8km。


                           (珠洲市のHPを参考にしました)

                        ((画像をクリックすると、大きくなります))


                               ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ