北口本宮冨士浅間神社 ( 山梨県富士吉田市 )
拝殿付近からのパノラマ
高天原付近からのパノラマ
   (1)参道→大鳥居
   (2)随神門→神楽殿
   (3)拝殿→本殿
   (4)東宮本殿→西宮本殿
   (5)祖霊社
   (6)多数の境内社
   (7)諏訪神社

  ● 北口本宮冨士浅間神社
       御祭神
          木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
          天孫彦火瓊々杵尊(てんそんひこほのににぎのみこと)
          大山祗神(おおやまずみのかみ)
       由緒
          人皇12代景行天皇40年(110)御東征の砌、箱根足柄より甲斐國酒折宮に向う途次、当地御通過、
          大塚丘にお立ちになられ、親しく富士山の神霊を御遙拝され、大鳥居を建てしめ、「富士の神山は
          北方より登拝せよと」勅(みことのり)され、祠を建てて祀ったこが始まりとされています。
          延暦7年(788)甲斐守紀豊庭(かいのかみきのとよひろ)占し現在の位置に神殿を建て浅間の大神
          を奉り、大塚丘には日本武尊の神霊を祀りました。

          本殿は、元和元年(1615)に谷村城主鳥居土佐守が桃山式に再建、西宮本殿は、文禄3年(1594)
          に、浅野佐衛門佐造営、本宮本殿は、永禄4年(1561)武田信玄により再建されたもので、いづれ
          も国の重要文化財に指定されています。
          享保18年(1733)、江戸の冨士講村上派を率いる村上光清が、弊殿、拝殿、神楽殿、手水舎、随
          神門を造営しました。 

          6月30日は富士山お山開きの前夜祭が行われます。
          吉田口登山道は当社裏の鳥居を起点としており、そこでお道開きの式が行われ、そこから頂上
          までおよそ17キロ、最盛期には5合目から上は長蛇の列が続きます。
          また8月26日、27日に行われる吉田の火祭は、お山閉いの祭として日本三奇祭の一つに数えら
          れています。

                   

          (東宮本殿)                  (拝殿)                   (西宮本殿)


                



         


  ● 富士講
       古代より富士山は神体山で、麓にて祭祀が行われ遙拝されてきました。
       室町時代には庶民の間でも信仰登山が盛んになっていきました。
       しかし想像もできない程の時間と費用がかかるため、庶民に信仰が広がるにつれて、お金を集め代表を
       選び皆の祈願を託す「富士山信仰のための講〜富士講〜」が成立しました。

       富士講の開祖とされる長谷川角行(藤原角行:1541.01.15〜1646.06.03)は戦国時代に現れて、富士の
       人穴(富士宮市)や北口本宮参道の立行石等で荒行を重ねて法力を得、祈祷の力により諸病平癒など
       で庶民を救済しました。
         (1)参道→大鳥居  に記載してあります。

                  


     ● 案内コース
         (1) 参道入口の鳥居−→1/参道−→仁王門礎石−→角行の立行石−→鹿遊園−→

                    −→38/青麻社−→2/大鳥居−→3/福地八幡社−→37/稲荷社−→記念碑

         (2) 4/随神門−→5/神楽殿−→6/手水舎−→8/冨士夫婦檜−→

                         −→7/富士太郎杉−→社務所−→祓戸−→幣殿拝殿改修工事趣意書

         (3) 9/拝殿−→弊殿−→10/本殿


         (4) 12/七色もみじ−→神庫−→13/冨士次郎杉−→14/神武天皇社−→

                                   −→15/東宮本殿−→11/恵毘寿社−→16/西宮本殿

         (5) 17/小御岳神社遙拝祠−→18/富士登山道吉田口−→19/祖霊社−→富士講 碑

         (6) 20/日之御子神社−→21/池鯉鮒社−→22/倭四柱社−→23/日枝社−→

                 −→24/日隆社−→25/愛宕社−→26/天津神社−→27/国津神社−→

                        −→28/天満社−→29/神馬舎−→古札納処−→十七夜講社−→

                            −→神変大菩薩碑−→30/三殿社−→31/三神社−→32/風神社

         (7) 十七夜講社−→神変大菩薩碑−→30/三殿社−→31/三神社−→32/風神社−→

                       −→33・34/諏訪拝殿・諏訪神社−→35・36/下諏訪社・子安社−→

                           −→高天原−→富士山大鳥居式年大修理事業記念碑−→車輌祓処
     ● アクセス
         車の場合
            東京方面より・・・・中央道 河口湖IC(R139経由)より約3km、右手
            神奈川・三島方面より
                 東名 御殿場IC→東富士五湖道路 富士吉田IC(R139経由)より約3km
                 右手 山中湖・忍野IC(R138経由)より約6.5km左手
            関西・富士宮方面より・・・・東名 富士IC→(西富士道路・R139経由)約54km、右手
            小田原・箱根方面より・・・・国道138号線→(御殿場・山中湖経由)、左手
         電車の場合
            富士急行線・・・・中央線大月駅から富士山駅
         バスの場合・・・富士急行・富士山駅から山中湖・三島・御殿場方面行きで浅間神社前下車
         徒歩の場合・・・富士急行・富士山駅から約20分

     ● 駐車場
         (1)「大鳥居下」駐車場・・・参道脇道路南進300m  約10台(中型バス駐車可)
         (2)「浅間茶屋」駐車場・・・R138「浅間神社東」交差点より南進400m 約30台(大型バス駐車可)
         (3)「国道北」駐車場・・・・・R138浅間神社斜め前  約50台(大型バス駐車可)
         (4)「参道入口」駐車場・・・R138参道入口西側  約10台(バス一時停車のみ可)
         (5) 祈願者駐車場(拝殿西側)
         (6) 車輌祓所(交通安全祈願の方)


                           

              ((4)参道入口駐車場は、入口の鳥居右側です)        (番号は上記駐車場の場所です)


                          


                       (北口本宮冨士浅間神社HPを参考にしました)

                         (近くの忍野八海は別途載せてあります)


                          (画像をクリックすると、大きくなります)

                                ● (ホームへ) ●


 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ