塔ノ岳・三ノ塔 ( 1,490.9M 神奈川県秦野市・山北町・清川村 )
三ノ塔からのパノラマ
烏尾山荘からのパノラマ
書策小屋からのパノラマ
塔ノ岳からのパノラマ
富士見山荘そば登山口〜二ノ塔コース
菩提峠登山口〜二ノ塔コース
二ノ塔・三ノ塔〜塔ノ岳コース
  ● 丹沢大山国定公園
       丹沢は、素晴らしい自然や景色を残すために、自然公園に指定されています。
         中心部は、丹沢大山国定公園(26.345ヘクタール)
         周辺部は、県立丹沢大山自然公園(12.381ヘクタール)
       これらをあわせると、神奈川県の面積の約1/6にもなります。

  ● 丹沢
       丹沢の”タン”は、谷を意味する古代朝鮮語といわれ、また沢も”小さな谷”とか”谷”と
       説明されています。
       丹沢は、”谷だらけの地”ということになります。

  ● 塔ノ岳(1,491M)
       かつて頂上に "孫仏岩(尊仏岩)" と呼ばれる17mの大岩がり、雨乞いの為にこの山に登る農民の信仰
       の対象になっていました。
       山麓の人々は、これを”お塔”と呼びお塔のある山ということで、”塔ノ岳”と呼んでいました。
       残念ながらこの尊仏岩は関東大震災 の際に山頂から大金沢に谷へと転げ落ちてしまいました。


        


                  


                            


  ● 三ノ塔(1,205M)
       麓にある菩提集落の上にあることから”菩提山”の別名があります。
       山名の由来には
          麓にある横尾集落から尾根に火を灯す際に、三番目に灯されたので”三ノ灯”と呼ばれ、これが
            転じた。
          山仕事または修験者の休憩場所として”一の所”、”二の所”、”三の所”と名づけました。
            この異称である”三ノト”が転じた。


    



  ● 烏尾山(1,136M)
       この山から”カラヒゴの沢”(新茅ノ沢の別名)が流れ出す事により”カラヒゴの頭”と呼ばれ、これが転
         じて”からすお”になったという説。
       また蔵王権現を祀ってある山で修行していた僧を、カラスが見守っていたという故事にちなんだ説。


     



  ● 行者岳(1,209M)
       丹沢の修行の場所としていた役小角にちなみます。
       役小角は役行者とも呼ばれ、1570年ここに役行者の石像を祀ったことによります。

  ● 木ノ又大日(1,396M) 新大日(1,340M)
       大日如来は、修験者の本尊とされています。
       木ノ又大日は、大きなブナの木に、 修験者が大日如来像を安置したことによります。
       その後、今の新大日の山頂にも同じように大日如来像を安置したことから、 その名がついたそうです。

               (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

  ● アクセス・・・・・コース別に詳しく載せてあります。
        車の場合
           *東名高速道路・秦野中井IC通過し、県道71を走ります。
             国道246と交差し、県道70でヤビツ峠に向かいます。

           *国道246から県道70に入ってヤビツ峠へ。

           *宮ヶ瀬湖方面からヤビツ峠方面へ。(山道ですので狭く、冬季は凍る事もあります)

        駐車場・・・ヤビツ峠(登山口まで約20分)
               富士見山荘(有料)
               菩提峠(登山口の前を通過し、0.4KM先)

        バス・・・ヤビツ峠まで、バスが数便走っています。
              冬季は道路状況で、運行中止になる事もあります。
              神奈川中央交通・秦野営業所に問い合わせてください。
                    (TEL 0463-81-1803)


                            


                          (画像をクリックすると、大きくなります。)


                               ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ