天覧山・多峯主山(とおのすやま)・能仁寺 (埼玉県飯能市)
天覧山からのパノラマ
多峯主山からのパノラマ
天覧山〜多峯主山 能仁寺
能仁寺からのパノラマ
能仁寺からのパノラマ(秋の紅葉)

  ● 天覧山 (てんらんざん 197m)
       天覧山は海抜194.6m、市街地西北部に位置し、春はつつじ・桜、
       秋は紅葉また冬ともなれば松の緑に映える雪景色等その勝景は
       広く天下に知られている。
       この山は、山麓にある能仁寺の守護神である愛宕権現を祀って
       あるところから愛宕山とよばれていたが、元禄年間・徳川五代将
       軍綱吉公の生母桂昌院がおさめたといわれる羅漢の石仏にちな
       んで、長い間「羅漢山」と呼ばれていた。
       明治16年、陸軍の演習に際し、明治天皇お野立所となったのを記
       念して、天覧山と改称された。
       頂上には、角岩が露出し、鏡岩・獅子岩等の奇岩が登山者の目を
       楽しませてくれる。
       展望台に立てば関東平野が一望にひらけ秩父連峰・奥多摩の山々
       ・はるかに富士山を望むことができる。
       山容の美しさに加えて、山麓には名刹能仁寺をはじめ、詩壇の特異な存在であった蔵原伸二郎
       文学碑、明治時代の飯能地方の教育家・堀内堅之助遺徳碑、江戸末期の学者・藤規短庵の墓
       碑、源氏物語の現代語訳をはじめ、広く国語・国文学会に貢献された文学博士・五十嵐力夫妻の
       の墓、小川香魚父子の碑などがある。
       また慶応4年、官軍に抗戦して幕府の旧没者の忠霊塔などがある。
                                            昭和55年3月     埼玉県

        


                  


  ● 多峯主山 (とうのすやま 271m)と経塚
       多峯主山は天覧山の北西にあり、海抜271mの山で頂上に三等
       三角点がある。
       文字どおりこのあたりの山ではひときわ高く、登り口には県指定
       天然記念物の飯能笹が自生しており、また常盤御前にまつわる
       「見返り坂や「よし竹」の伝説がある。
       「よし竹」は、常盤御前がこの山に登りながら「源氏再び栄えるな
       ら、この杖よし竹となれ」といって持っていた竹杖を地に立てたと
       ころ、それが根づいて一面の竹林となったといわれ、今日でもわ
       ずかながら、よし竹と呼ばれる竹の植生がある。
       「常盤が丘」には、常盤御前の墓があったといわれ宝篋印塔が
       あり、その近くに「常盤平」と呼ばれる眺めのよい場所がある。
       中腹には、いまだ一度も水のかれたことのないといわれている
       「雨乞池」、頂上近くには、郷土の武将、上州沼田城主の黒田直邦の墓がある。
       山頂にある経塚は石に経文を書いて土の中に埋めた塚で、岩石を釜底形に掘った穴に約12,000
       個の河原石が埋蔵されており、明和2年(1765年)の年号が刻まれた石経供養塔が建っている。
                                            昭和55年3月     埼玉県

       


                  


 


  ● 見返り坂と飯能笹(県指定天然記念物)
       見返り坂は、源義経の母、常盤御前がこの山に登ったとき、あま
       りの風景のよさに後を振り返り、振り返り登ったことによりこの名
       がついたといわれている。
       好みかえり坂のふもとに、植物学者・故牧野富太郎博士により発
       見され、命名された飯能笹の埴生がある。
       この笹は、アズマザサの仲間で根茎は横に走り、茎はこげ茶色を
       してまっすぐに立ち、高さは155cm前後、直径0.6cmほどになる。
       茎の上部で枝が分かれ、枝の端には、手のひらをひろげたように
       数枚の葉が集まってついている。
       葉は細長く、長さ13〜20cm、幅2cm内外で先はとがっている。
       質は薄い洋紙質で表面は毛がなく、裏面にはビロード状の細毛が
       ある。
       中央の脈は細く裏面に隆起しており、この両側に5〜8本の脈をもっていて冬季に葉のふちは白色
       となる。
       一見普通の笹のようにみえるが、幹の色、枝の出方などの特色がある。
       繁殖力はさほどなく、古くからこの地にのみ限られて生きている。
                                            昭和55年3月     埼玉県

  ● 武陽山能仁寺
        曹洞宗の寺院で、室町中期文亀年間(1501〜1503年)飯能
        の代表的武人・中山家勝が曹洞宗通幻派の名僧・斧屋文達
        師を招いて開いた禅道場がはじまりといわれ、家勝の子・家
        範が父の冥福を祈るために寺院を創建したといわれています
        その後、数代を経て中山直張の子・直邦が黒田氏を継ぎ五代
        将軍綱吉公に仕えて信任を得、以来当寺は厚く待遇され元禄
        10年(1697年)8月25日、前天台座主公一品公辨現王の額字
        を賜りました。
        現在本堂に掲げてある「武陽山」の額がそうです。
        宝永2年(1705年)12月27日、綱吉より50石の朱印状を賜り、
        当時は丹冶一族の菩提寺として栄え、末寺も20の寺を数えた       (能仁寺)
        という。
        慶応4年5月23日の飯能戦争のときに振武軍の本陣となったため焼失し、現本堂は昭和
        11年能仁寺29世萩野活道道師が再建しました。
        その後昭和51年より復興を続け、現在では山門・位牌堂・大書院・鐘楼・大庫院が完成し
        ています。

    



     ● 天覧山〜多峯主山は、地元の人達の朝のジョギングや散歩コースになっているようです ●

                (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

                        


     ● アクセス
          車・・・・・・・首都圏中央連絡道・狭山日高I.Cから15分
          徒歩・・・・・西武池袋線「飯能駅」北口から約20分
          バス・・・・・西武池袋線「飯能駅」北口から、名郷・名栗車庫・湯ノ沢・西武飯能日高団地行き
                     「天覧山下」下車、徒歩5分
          タクシー・・・西武池袋線「飯能駅」北口から約5分


                     (画像をクリックすると、大きくなります)


                           ● (ホームへ) ●

    

HTML Builder from Excel   作成:QQQ