マッキンリー山遊覧飛行(アラスカ・デナリ)
マッキンリー山遊覧飛行コ-ス

  (マッキンリー山)
     標高6194Mのマッキンリー山は、北米大陸最高峰というだけではなく、山裾から山頂までの標高差
     が約5500Mもあります。
     ひとつの山としては、エベレストより大きく世界一の山です。
     日本人にとってマッキンリー山にはもう一つ忘れられない思い出があります。
     それはマッターホルーン単独登頂や犬ゾリでの北極圏単独行などの冒険家、植村直己さんがこの
     山で遭難して眠っていることです。
     1970年8月、夏場の単独登頂に成功した植村さんは1984年2月、これまで人間が誰も果たした
     ことのできなかった厳冬期の単独登頂に挑戦しました。
     しかし同13日最後の無線交信の後消息を絶ったまま、現在まで遺体は発見されていません。
     厳冬期のマッキンリー山は、北極圏の影響で急激な気温低下と強風でマイナス100度近くなること
     もあります。
     7・8月の観光シーズンピーク時は雲の中に隠れてほとんど姿を見せてくれないそうです。
     私達は、雲ひとつない素晴らしいマッキンリー山を見ることができラッキーでした。



             

                                                  (飛行コース)



       ● アンカレッジ〜デナリ・・デナリ国立公園・・アラスカ鉄道・・氷河クルーズ
                   マタヌスカ氷河・・アンカレッジ市
                         載せてあります。 (地域別山名に、まとまっています) ●


                     (画像をクリックすると、大きくなります。)


                          ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ