大阿原湿原( おおあはらしつげん 1,820M 長野県富士見町)
大阿原湿原のパノラマ(6月) 大阿原湿原のパノラマ(10月) 大阿原湿原コ-ス

   ● 大阿原湿原
         テイ沢の源流にある本州最南端の高層湿原で、広さは約12ha。
         3億年前に形成され湿原から草原へと移行しつつある老年期の
         湿原だそうです。
         湿原の外周沿いに作られた一周約2kmの遊歩道があります。

   ● 湿原
        常に植生の枯死と堆積を繰り返し立地条件等により、低層から
        中層、高層湿原と分けられます。
          低層湿原・・・・一般に湿原と言うと、これを指します。
                   表面が平坦で泥炭の堆積の少なく、湿原の表面まで冠水しています。
                   ヨシ・ガマ・スゲ・ミズバショウ・ミツガシワが多く生えています。
          中間湿原・・・・低層湿原と高層湿原の中間的な場所。
                   ヨシ・スゲ類が主体となり、ヌマガヤやニッコウキスゲなどが生えています。
          高層湿原・・・・泥炭層が厚く堆積し、ミズゴケ等が生えています。



                      


                  入笠山・入笠山湿原に近く、駐車場もあります。

                     (画像をクリックすると大きくなります)


                           ● (ホームへ) ●


  

HTML Builder from Excel   作成:QQQ