旧岩崎邸庭園 ( きゅういわさきていていえん 東京都台東区 )
庭園からのパノラマ (1) 旧岩崎家住宅(洋館) (2)和館→庭園

   ● 旧岩崎邸庭園
        1896年(明治29年)に岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として造てられました。
        往時は約1万5,000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいました。
        現在は3分の1の敷地となり、現存するのは 洋館・撞球室・和館の3棟です。
        戦後GHQに接収され、返還後、昭和27年(1925)年に国有財産となり、最高裁判所司法研修所として
        使用されました。
        昭和36年(1961年)に洋館と撞球室が重要文化財に指定。
        昭和44年(1969年)に和館大広間と洋館東脇にある袖塀が、平成11年(1999年)に煉瓦塀を含めた
        敷地全体と実測図がそれぞれ重要文化財に指定されました。


                     

   ● 洋館
        ジョサイア・コンドルの設計により、1896年(明治29)年に完成しました。
        17世紀の英国ジャコビアン様式の見事な装飾が随所に見られ、イギリス・
        ルネサンス様式やイスラーム風のモティーフなどが採り入れられている洋
        館南側は、列柱の並ぶベランダ(東南アジアの植民地と発達したコロニア
        ル様式を踏襲)で、1階列柱はトスカナ式、2階列柱はイオニア式の特徴を
        持っています。
        また、1階のベランダには、英国ミントン製のタイルが目地無く敷き詰めら
        れ、2階には貴重な金唐革紙の壁紙が貼られた客室もあります。
        岩崎久彌の留学先である米国・ペンシルヴァニアのカントリーハウスのイ
        メージ も採り入れられました。
        併置された和館との巧みなバランスは、世界の住宅史においても希有の建築とされています。
        往時は、主に年1回の岩崎家の集まりや外国人、賓客を招いてのパーティーなどプライベートな迎賓館
        として使用されました。

   ● 和館
        洋館と結合された和館は、書院造りを基調にしています。
        完成当時は建坪550坪に及び洋館を遥かにしのぐ規模を誇っていました。
        現在は、洋館同様冠婚葬祭などに使われた大広間の1棟だけが残ってい
        ます。
        施行は大工棟粱として、政財界の大立者たちの屋敷を数多く手がけた大
        河喜十郎と伝えられています。
        床の間や襖には、橋本雅邦が下絵を描いたと伝えられる日本画など障壁
        画が残っています。
        今は失われた岩崎家の居住空間は、南北に分けられ、南に主人と主人部
        屋、子供部屋などが置かれていました。
        北には使用人部屋、台所、事務方詰所、倉庫などがあります。


   ● 撞球室(どうきゅうしつ)
        コ ンドル設計の撞球室(ビリヤード場)は、洋館から少し離れた位置に別
        棟として建っています。
        ジャコビアン様式の洋館とは異なり、当時の日本では非常に珍しいスイス
        の山小屋風の造りとなっています。
        全体は木造建築で、校倉造り風の壁、刻みの入った柱、軒を深く差し出し
        た大屋根など、アメリカの木造ゴシックの流れを組むデザインです。
        洋館から地下通路でつながっていて、内部には貴重な金唐革紙の壁紙が
        復元して貼られています。


   ● 庭園
        江戸期に越後高田藩榊原氏、及び明治初期は舞鶴藩牧野氏の屋敷でした。
        往時の庭は、大名庭園の形式を一部踏襲していました。
        建築様式同様に和洋併置式とさ れ、「芝庭」をもつ近代庭園の初期の形を残しています。
        往時をしのぶ庭の様子は、江戸時代の石碑、和館前の手水鉢や庭石、モッコクの大木などに見るこ
        とがで きます。
        この和洋併置式の邸宅形式は、その後の日本の邸宅建築に大きな影響を与えています。

            


    ● 案内コース
        (1)正門−→券売所−→袖塀−→ 旧岩崎家住宅(洋館)

        (2)和館−→庭園−→撞球室−→煉瓦塀


       ● 入園料   一般400円、65歳以上200円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

       ● 入園時間 午前9時〜午後4時30分(閉園午後5時)

       ● 無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

       ● 休園日 12月29日〜1月1日


                  


              (アクセス)
                  東京メトロ千代田線「湯島」(C13)下車 徒歩3分
                  東京メトロ銀座線「上野広小路」(G15)下車 徒歩10分
                  都営地下鉄大江戸線「上野御徒町」(E09)下車 徒歩10分
                  JR山手線・京浜東北線「御徒町」下車 徒歩15分

                         (旧岩崎邸庭園のHPを参考にしました)


                         (画像をクリックすると、大きくなります)

                               ● (ホームへ) ●


 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ