鍬ノ峰 ( 1,623M くわのみね 長野県大町市 ) 
鍬ノ峰からのパノラマ 送電鉄塔巡視路登山口コース

  ● 鍬ノ峰(くわのみね)
      麓から眺めると南峰、北峰の双耳峰があるので、地元では ”常盤富士” として親しまれています。
      また北アルプスの餓鬼岳、針ノ木岳、鹿島槍ヶ岳などが間近に眺められることから、”北アルプスの
      展望台” とも呼ばれているようです。

      山名の由来は、その南峰から北峰に続く稜線が鍬の歯形に見えるところから付けられたそうです。

      また奥宮がある餓鬼岳の前山である鍬ノ峰山麓には、里宮「唐子山の神」が祭られており、山と里
      を見守っています。


       


                  


              (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

       ● アクセス
           車・・・・・”送電鉄塔巡視路登山口コース”に記載してあります。


                         


                      (画像をクリックすると、大きくなります)


                             ● (ホームへ) ●

 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ