金時山( きんときやま 1,213M 静岡県駿東郡小山町  )
金時山からのパノラマ 足柄峠コ-ス

    (金時山)
       静岡と神奈川の県境にそびえる箱根外輪山の最高峰1,213mの金時山は、
         古い綴りには公時山。
         山の形が尖っているので、猪鼻岳という別名。
         また湯の花岳。
       近世後期に、足柄山の金太郎として有名な坂田金時(公時)が住んでいたとの伝説が、この附近に
       定着して以後、金時という名が使われるようになりました。

       山頂からの眺望は、眼下の芦ノ湖と仙石原の風景や、富士山をはじめ丹沢、南アルプス、伊豆の山
       など360度のパノラマを楽しめます。

       


    (強力のコミさん)
       金時娘(小見山妙子)さんの父・正さんは、富士山の強力で抜群の
       力持ちと言われ、昭和16年8月には、北アルプスの白馬岳の山頂
       に188kgの風景指示板を背負い揚げることに成功しました。
       人間業では考えられないこの偉業を地元のボッカー(強力)の協力
       を得ながら、富士山の強力の名誉と、足柄山の金太郎の再現を自
       分に言い聞かせ、決死の覚悟でやりとげたわけです。
       しかしその時のハードな仕事が災いし、昭和20年2月 42歳の若
       さでこの世を去りました。
       コミさんと親しかった作家 新田次郎氏は、その後コミさんをモデル
       に(強力伝)を発表し、直木賞を受賞しました。
       遺児の妙子さんは、現在も金時山頂で、父が建てた山小屋を守り、金時娘の愛称で登山客に親し
       まれています。
       これまでに、天皇陛下が皇太子殿下時代(昭和25年)に、常陸宮殿下が義宮時代(昭和34年)に、
       また、現皇太子殿下も。美智子妃殿下も結婚前に数回訪れられています。
       他にも、読売巨人軍の長嶋監督は、現役時代の昭和37年から41年まで仙石原で自主トレの際
       に毎年訪れていました。
       さらに各界有名人のサイン色紙が所狭しと並んでいます。
       また沢山登った人の名前も木の札に書いて掛けてあります。


              (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)


                       


                     (画像をクリックすると、大きくなります)


                           ● (ホームへ) ●

 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ