菊花山 ( きっかさん 643.7M 山梨県大月市 )
菊花山からのパノラマ 無辺寺コース

   菊花山
      菊花山は大月の人からは貧乏山・バカ山とも呼ばれ、反対に沢井の人からは
      徳山・林宝山と呼ばれています。
      理由は日陰と日当りの土地からだそうです。



   無辺寺のトチノキ
      大月市指定文化財(天然記念物・・・指定日 昭和51年8月8日)
      この木は  根元の周囲・・・4.5M    目通り幹囲・・・4.3M
              枝張り東西・・・18M  南北・・・18M    樹高・・・22M
      五月下旬頃開花し、秋には沢山の実をつけます。
      トチノキは、普通温帯域の山地に生える落葉広葉樹ですが、当暖帯域の低地に
      見られるのは珍しく、トチノキの巨樹として市内稀であるとともに、県下でも屈指の
      ものです。



   幕末三剣士・桃井春蔵(無辺寺は菩提寺です)
      安永2年(1773年)大和郡山柳澤2代目美濃守信鴻が隠居して
      甲斐守保光が後を継ぎ、江戸詰めの柳澤藩士の剣術指南として
      桃井八郎右衛門直由(春蔵)を200石で召抱えました。
      桃井春蔵は当時、無辺流槍術や戸田流、一刀流、柳生流、堀内
      流などの刀術を究め、鏡新明智流を創始して江戸日本橋南芽場
      町に「士学館」という道場を開いていました。
         幕末の江戸三大道場・・・・・桃井春蔵の「士学館」
                          千葉周作の「玄武館」
                          斎藤弥九郎の「練兵館」
        「位は桃井、業(わざ)の千葉、刀は斎藤」と言われていたそうです。


                            


                   * 帰路コースの方を登った方が道は良くわかります。
                      しかし下りは滑りやすいので注意が必要です。
                   * 無辺寺から登ると、途中素晴らしい富士山が見えます。

                  (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

                          (画像をクリックすると、大きくなります)


                               ● (ホームへ) ●

 

HTML Builder from Excel   作成:QQQ