仏果山 ( ぶっかさん 947.1M 神奈川県愛川町・清川村 )
仏果山からのパノラマ 大棚沢広場コ-ス

  (仏果山のいわれ)
     室町時代のはじめ清川村煤ケ谷(すすがや)にある正住寺
     (しょうじゅうじ・臨済宗鎌倉建長寺派)を開山した天鑑存円
     上人(てんかんぞんえんしょうにん・仏果禅師)が、座禅修行
     をした山といわれています。
     天鑑存円上人が座禅をしたという座禅石は、いつの頃か煤ケ
     谷側の仏果沢に転落してしまいました。
     こうした由来から、この山の名を”仏果山”と呼ぶようになった
     そうです。
       (現在この座禅石は、下の採石場脇にあります)
     この山は昔、煤ケ谷の人々は南麓と呼び、半原越え(半原峠)
     から仏果山周辺までを南山と呼びました。
     津久井町長竹・韮尾根などでは半原富士と呼んでいました。


    



               


 (アクセス)
    行きかたは沢山ありますので、地図を参考にしてください。
      問い合わせ
        愛川町環境経済部商工観光課 TEL 046−285−2111
        津久井町産業経済課       TEL 042−784−1141


     (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

               (画像をクリックすると、大きくなります)

                                                  (付近の登山コース)

                             ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ