養老渓谷 ( ようろうけいこく 千葉県市原市・大多喜町 )
飛び石(1回目)からのパノラマ
飛び石(2回目)からのパノラマ
飛び石(3回目)からのパノラマ

中瀬遊歩道コース
  

出世観音
  

   ● 養老渓谷
        千葉県夷隅郡大多喜町から市原市を流れる養老川によって形成さ
        れた渓谷です。
        温泉郷・大福山・梅ヶ瀬渓谷・紅葉谷などの景勝地があり、総称して
        “養老渓谷”といわれています。
        秋の見事な紅葉(例年11月下旬〜12月上旬)は有名で、ハイキング
        コースも整備されています。
        日本の地質百選に選定。(2007年)
        周囲は「県立養老渓谷奥清澄自然公園 」に指定。


  


   ● 出世観音/養老山立國寺 
      *由来
         我が国に仏教が伝わって以来、観音様は、三十三身
         に変化し巷に苦悩する一切衆生の迷いを転じ、悟りに
         至らしめ、国民精神の活力となって、その慈悲力・功
         徳力の御利益は普く衆生の苦難を救済して、津々浦
         々に知れ渡り、観音信仰の礎を築き仏果をおさめてま
         いりました。

         今を去る八百年前、源頼朝公が天下統一の旗揚の際、
         石橋山合戦において大庭景親に敗れ九死に一生を得
         て安房に逃れ転じ上総に入り、再起を賭け昼間なお暗
         き当処の山谷に立て篭もり、平素甲冑に持参の観音像を茅舎に奉祭して、一心不乱に戦勝祈願
         をされ、三浦義澄・上総介広常・介常胤・下野の小山朝政・下総の下河辺行平・安西景益等の助
         けを借り下総より関東に攻め入り天下を平定・掌握し、公家社会から武家社会の初めての頭領と
         成ったとされています。

         この由緒に因み当処に鎮座された御神霊を「開運招福の守護神」
         「出世観音」と命名し当山の観音像に移入せしめ安置しております
         この観音様の御利益として、立身出世を願う者にはその願いを成
         就せしめ、病ある者は速やかに治癒と成し、商売繁盛を願う者に
         は商売繁盛にして千客萬来と成し、豊作・大漁を願う者にはその
         願いを成就せしめ、開運成就・良縁成就を願うものには諸縁吉祥
         にして開運・良縁をもたらし、日々昼夜の「御祈祷」並びに「先祖供
         養」により、一切衆生のあらゆる苦悩・厄災を除き心願成就なさし
         める「霊験あらたか」な観音様として有名となり、今日に至っており
         ます。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               



     ● アクセス
         車の場合
           *東京湾アクアライン・・・・「袖ヶ浦IC」より約33km
           *館山自動車道・・・・・・・・「木更津北IC」より約32km
           *館山自動車道・・・・・・・・「市原IC」より約36km
                              館山道市原IC下車大多喜方面へ→
                              →米沢交差点右折→養老渓谷駅
                  (駐車料金1日 普通車500円・大型3,000円)

                                         (ピンク色の道順で)
         電車の場合
           *東京駅(内房線快速)→90分→五井駅
                  小湊鉄道 五井駅 ― 養老渓谷駅(約60分)
                  小湊鉄道 五井駅 ― 上総中野駅(約70分) 

            (養老渓谷観光協会・角屋さんのHPを参考にし、アクセス地図をお借りしました)

                        ((画像をクリックすると、大きくなります))


                               ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ