八重山・能岳 ( やえやま・のうだけ 山梨県上野原市 )
展望台(2月)からのパノラマ
能岳(6月)からのパノラマ
八重山(2月)からのパノラマ
八重山(6月)からのパノラマ
八重山駐車場(1)コース
八重山駐車場(2)コース

    ● 八重山 (やえやま 530.7m)
         水越八重さんの心が息づく八重山
            1929年(昭和4年)に地元の水越八重さんが、お世話になった故郷や子供達のために
            役立てて欲しいとの思いから30ヘクタールの山林を寄付された事にちなんで「八重山」
            と名づけられました。
            今では八重山は、上野原小学校の学校林として、市民に愛される山として、八重さんの
            想いを後世に伝え続けています。

                      

         ふるさと櫻賛歌
           1 みはるかす 甲相の峯に  2 繚乱の  櫻仰ぎて   3 くる春の  その度毎に
             巡りくる    その春毎に   偲ふらん もろ人達は    八重山に  啼けよ匂へよ
             いただきの  桜開きて     先人の  熱き思いを    ふるさとよ 美しくあれ
             さながらに  雲海ならん   先人の  努力のあとを   ふるさとよ とわに栄へよ

                               平成21年3月建立  上野原財産区   歌  山下実

   


    ● 八重山展望所
          八重山そして上野原市のシンボルとして親しまれています。
          標高は低いですが、丹沢山塊・御坂山塊・道志の山並み先に
          富士山・北側には笹尾根・三国山から陣馬山が見渡せます。
       屋根が五角形・デッキが桜形の意味
          八重山の「五感」、「春の桜」、「秋の紅葉」などといったコンセプ
          トに「夏の夜空」を加えて、五、桜、星をマッチングさせたデザイ
          ンをなっています。
          「桜の花のように丸みをおびた五角形のデッキ」を持った「北を
          示す北極星のように方位が解る」北向き配置の四阿(あずまや)
          です。

       展示スペース
          展望台デッキ下のスペースは、展示スペース及び倉庫
          となっています。
          倉庫の壁面などを利用した展示スペースでは展示パネ
          ルを利用し、八重山の紹介や市内観光の紹介、八重山
          の整備状況に応じたパネルをその都度、訪れた方々に
          提供しています。


   


    ● 能岳 (のうだけ 542.7m)
          木々に囲まれ展望はありません。
          別名・・・能竹山・向風山とよばれています。

   



               (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)



                        


    ● アクセス
        車の場合
           行きかたは沢山あります。
           八重山駐車場コースに記載しています。
        電車・バスの場合
           JR上野原駅(中央本線普通電車)下車。
           駅北口より”富士急山梨バス”にて
              バス停(大堀)下車し、上野原中学校側の八重山駐車場へ(徒歩 約10分)
              バス停(新井)下車し、右側の道を約5分で”虎丸山入口”
                               光電製作所前から山道に入り、虎丸山西斜面をまいて
                               能岳へ(約45分)
              バス停(新井)下車し、右側の道を約25分で”八重山ハイキングコース入口”
                               能岳へ(約1時間20分)


                    (画像をクリックすると、大きくなります)


                          ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ