トドワラ(野付半島)
トドワラ1のパノラマ
トドワラ2のパノラマ
トドワラコ-ス

                           

                 
 トドワラの枯れ木群
    トドワラは、長い時間かかって作り上げられた砂嘴(さし)の上に成立したトドマツ林が、海水面の上昇
    あるいは砂嘴の沈降により海水に侵され、枯れ木群に変化したものと考えられています。
    枯れ木の大部分は樹齢90〜120年のトドマツであり、その中に樹齢150〜170年のエゾマツも混在
    していたことが、その年輪から読み取れます。
    また年輪幅(5〜10MM)から、この林は極めてよい成長を続けていたことが分かります。
    今後、枯れ木群の腐朽が進み、塩湿地植物群落に置き換えられつつあるも、自然の生み出す大きな
    流れなのでしょう。
                                                   北海道

 


   



                       (画像をクリックすると大きくなります)

                            ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ