天女山・天の河原 ( てんにょさん 1,529M 山梨県北杜市 )
天女山からのパノラマ 天の河原コ-ス

  (天女山由来)
      昔々諸国の神々が、瑞穂(いずみ)の国の中程にあたる斎(いつき)
      の杜(もり)・・今は言葉がなまって美しの森と呼ばれている・・を盤座
      の山と定めて八百万の神々が天下り、年に一度集まり、その歳の国
      を治める掟を話し合う習わしがあった。
      この杜が斎庭として使われていた。
      これが終わると天女山に住む仕女を招いて舞を奉仕させた。
      仕女は斎の杜にはべる時は、天の河原で身を浄め、 舞衣は羽衣の
      池で洗い浄めて用いた。
      天女は、この地に好んで住むようになり、この山を天女山と名付けら
      れた。
                                 (大泉村観光協会)

 



                 (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

                         (画像をクリックすると、大きくなります)


                              ● (ホームへ) ●


HTML Builder from Excel   作成:QQQ