首里城公園 ( しゅりじょう 沖縄県那覇市 )
首里城のパノラマ

  (琉球王国の歴史)
     琉球諸島(奄美諸島〜八重山列島)には、約3万2千年前から人類が住んでいました。
     12世紀頃から各地で「按司(あじ)」と呼ばれる豪族があらわれ、 やがて尚巴志(しょうはし)が
     主要な按司を統括し、統一権力を確立しました。
     これが尚王家を頂点とする琉球王国のはじまりです。
     それ以降約450年間、王国は存続しましたが、明治維新により成立した日本政府が軍隊を派遣
     首里城から国王尚泰(しょうたい)を追放し沖縄県の設置が宣言され琉球王国は滅亡しました。

         

                                     (首里城・正殿)

                      (画像をクリックすると、大きくなります)

  (首里城)
     1970年(昭45)に琉球政府文化財保護委員会が、戦災文化財として首里城の復元
     構想を提案し、沖縄県民の間で首里城の復元が活発に議論されるようになりました。
     1986年(昭61)には沖縄の復帰記念事業として首里城跡地を「国営沖縄記念公園首
     里城地区」として整備することが閣議決定され、その周辺を県営公園として整備する
     ことが庁議で決定されました。
     そして正殿とそのまわりの建物、城門、石積、園路、植栽などの復元整備工事が進め
     られました。
     1992年(平成4)11月3日に首里城公園は一部開園を迎え、現在は沖縄の歴史文化を
     物語る施設として多くの人々が訪れています
                                        (首里城公園 HPより)


   ● 守礼門
        城郭外の坊門の一つです。
        1500年中頃造られ、中国からの使者(冊封使)を迎える為だった
        ようです。
        その後「守礼之邦」の扁額を掲げたことから、守礼門と通称される
        ようになったようです。
        1933(昭和8)年に国宝に指定。
        しかし沖縄戦で完全に破壊されたため、1958(昭和33)年に復元
        されました。


   ● 園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいもん)
        守礼門後方にある御嶽(うたき)で、前に石門が築かれています。
        琉球王府の行事や祭祀と密着した重要な御嶽だったといわれ、国王が城外に出かけるとき
        旅の安全を祈願したと考えられています。
        創建は1519年頃で、沖縄戦で一部破壊され、1957年(昭和32)に復元されたものです。
        国指定重要文化財。
        2000年(平成12)には、世界遺産に登録されました。

                        

   ● 歓会門(かんかいもん)
        首里城の城郭内へ入る第一の正門で、また 「あまへ御門(あまえうじょう)」 ともいいます。
        「あまへ」は古い言葉で「よろこび」を意味し、「歓会」はその漢訳です。
        第二尚氏尚真王代(1477〜1526)に創建されたといわれます。
        沖縄戦で焼失しましたが、1974年(昭和49)に復元されました。

                        


   ● 瑞泉門(ずいせんもん・・・美しい湧き水の脇にたたずむ門)
        首里城第2の門で、別名を「ひかわ御門(うじょう)」。
        1470年頃の創建といわれています。
        門の名称は、門前右下にある「龍樋(りゅうひ)」に由来し、双壁の門の上に直接櫓をのせた
        櫓門です。
        国宝となっていましたが戦災で消失し、正殿とともに復元されました。
        龍樋は、王宮や冊封使の飲料水として利用されました。
        瑞泉とはその水をたたえた言葉です。

                       

               (瑞泉門)                        (龍樋・りゅうひ)



   ● 漏刻門(ろうこくもん・・首里の刻をきざみ続けた門)
        門の上の櫓に水槽を設置し、水が漏れる量で時間を計ったと
        いわれています。
        時刻を測定すると係の役人がここで太鼓をたたき、それを聞い
        た別の役人が東のアザナと西のアザナおよび右掖門で同時に
        大鐘を打ちならし、城内および城外に時刻を知らせたそうです。





   ● 広福門(こうふくもん)
        中央部の屋根を高くして門を設け、屋根は赤瓦葺の入母屋造り。
        門の左側が民事・司法関係を取り扱った役所である大与座、
        右側が寺院や神社、宗廟祭典(祖先を祭る行事)をつかさどる役
        所の寺社座になっていました。






   ● 奉神門(ほうしんもん・・・御庭への最後の門)
        「神をうやまう」という意味で、正殿のある御庭に入る最後の門。
        この門には3つの入り口があり、中央は国王や中国からの使者
        「冊封使(さっぽうし)」 など限られた身分の高い人が通れる門。
        それ以外の役人は両側の門から入城しました。
        御庭を取り囲む建物の一つで、「君誇御門(きみほこりうじょう)」
        とも呼ばれました。



             

                                 (お庭方面から)

   ● 正殿(せいでん)
        首里城正殿は琉球王国最大の建造物で、「国殿」「百浦添御殿」ともよばれ、文字通り全琉球
        国百の浦々を支配する象徴として最も重要な建物でした。
        正殿を二層屋根とするのは、中国式宮殿の最も格式高い形式です。
        龍は国王の象徴、国の守護神として建物や工芸品に多く使われています。
        現在の建物は1712年頃に建立され、数度の大修理を重ねながらも戦前まで存在した正殿を
        モデルに復元したものです。

                 


   ● 南殿・番所(なんでん・ばんどころ)
        正殿に向かって右側の建物が南殿と番所です。
        建物は廊下でつながっており、右側の一階平屋が番所、左側二
        階建てが南殿です。
        外装は白木のまま仕上げています。
        番所は首里城へ登城してきた人々の取次を行いました。
        南殿は年間を通して行催事等が行われ、薩摩藩の接待所として
        も用いられていました。



   ● 北殿(ほくでん)
        首里城北殿は、「北の御殿」、「議政殿」とよばれていました。
        現在の議事堂にあたる場所で、通常は王府の行政施設として機能していました。
        冊封使が首里城へ訪れた時には、この北殿で歓待しました。

                 



   ● 寒水川樋川(すんがーひーじゃー)
        生活用水のほか、防火用水としても利用されたといわれています。
        あふれでた水は地中の溝を通り、久慶門の外側の左右から再び
        地中に入り、門の向かいの円監池に抜けました。
        池が満水になると、さらに龍樋に注ぎました。
        このことから首里城の排水処理の一端を知ることができます。




   ● 久慶門(きゅうけいもん)
        首里城外郭の北側に位置し、俗に「ほこり御門(うじょう)」と呼ばれ、通用門として主に女性
        が利用していました。
        門の造りは中央が石造アーチ門で、その上に木造の櫓があります。
        この門の両脇には石遣の樋があり、あふれ出た龍樋の水が地下の排水溝を通ってここから
        外へ流れていきます。

                        




                        

                                             (首里城公園 HPより)


                   ● 今回で2回目ですが、学ぶ事が多くありました。 ●

                      首里城公園のホームページを参考にしました。

                        (画像をクリックすると、大きくなります。)


                              ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ