シダンゴ山・宮地山 (758M・512M  神奈川県松田町 )
シダンゴ山(春)のパノラマ
シダンゴ山(冬)のパノラマ
宮地山のパノラマ 駐車場〜シダンゴ山
シダンゴ山〜宮地山〜駐車場

   ● シダンゴ山
        シダンゴ山(震旦郷山)は、丹沢山地の南部に位置し「丹沢大山
        国定公園」に属しています。

   ● シダンゴ山の由来
        シダンゴ(ウ)は、古来、震旦郷と書く。
        震旦とは中国の旧異称である。
        一説に欽明天皇の代、仏教を寄(やどりき)の地に伝える仙人が
        あり、大寺の地この山上に居住し、仏教を宣揚したという。
        当時箱根明神岳や丹沢の尊仏山(塔が岳)にも同様の仙人がい
        て盛んに往来した。
        この仙人をシダゴンと呼んだことから地名が起こった。
        シタゴンとは、梵語で羅漢(仏教の修行を積み、さとりに達した人)
        を意味する。
        シダゴン転じてシダンゴウ(震旦郷)と言うようになった。
        この山は現寄神社の元官とされ白馬にまたがった弥勒菩薩が頂
        上より中津川に飛び降りた時の馬のひずめの跡が河原の大石に
        残ったとの伝説があり、この石を見たという古老が現存されている。
            (石は堰堤工事により、現在は砂中に埋没)
        「白いお馬にめされた弥勒・弥勒やしろの春祭り」と、寄民謡にもう
        たわれている。
        大寺の人は、祭礼の朝、毎年交代でこの祠に参拝している。
                       平成5年11月吉日  大寺地区民一同


     

          (頂上は360度のパノラマですが、富士山は左端の山の陰に半分隠れています)

   ● 地名 <寄>
        正式には「やどろき」と読みますが、地元の人は「やどろぎ」 ・「や
        どりぎ」と言っていたそうです。
        交通標識はローマ字で「やどろき」となっています。



        ● アクセス
            *車の場合
                行きかたは沢山あります。
                「駐車場〜シダンゴ山コース」に記載してありますので参考にしてください。
            *バスの場合
                小田急線新松田駅から「寄行きバス」終点下車。
                   問い合わせ・・・富士急湘南バス(株)
                              本社営業所・・・・・・・・・0465-84-0093
                              新松田駅前案内書・・・・0465-82-1364

               (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)


                         


                       (画像をクリックすると、大きくなります)


                             ● (ホームへ) ●


HTML Builder from Excel   作成:QQQ