羅漢寺山( らかんじやま 1,058M  山梨県甲斐市 )
弥三郎岳からのパノラマ
白砂山からのパノラマ(1)
弥三郎岳コ-ス 白砂山コ-ス

  ● 羅漢寺山      
       弥三郎岳・展望台・パノラマ台を総称して羅漢寺山(らかんじやま)と呼んでいます。

 


  


  ● 白砂山
       金峰山の花崗岩層が一旦地下にもぐり、昇仙峡で地上に現れるのでこういう地形になったという
       説のあるそうです。

      


            


  ● 八雲神社(八王子山) 
       祭神  夫婦神 素盞鳴尊・櫛稲田姫命
       由来  永禄7年3月(今より約400年前)建立
            当地甲斐の国巨摩郡(こまごうり)・猪狩村(いかりむら)
            の氏神で古来より石祠内には石棒を安置して祀り、夫婦
            和合と武運の神として地元猪狩村はもとより近郷・近在の
            民衆の信仰は厚く縁結びの神としても知られていました。
            この地が金桜神社の古い参道の要所であった事で、参詣
            者の休息と道中の安全を祈願した処であります。
       境内 1,380坪         拝殿は、昭和43年10月再建

 
  ● 和合権現由来(男女一対の御神木)
       水晶発祥の地として有名な金峰山のふもとに、神の摂理か男女
       の象徴を合わせ持った樹齢350年を経た楢(なら)の木があり、
       信仰の木として崇拝されていました。
       ロープウェイの開業時(昭和39年)御神木を山頂に移し権現様と
       してお祀りしています。
       平成18年、山梨県の臼太鼓組合より和合権現に「太鼓判」(太鼓
       鼓と印判を合体した山梨県の新工芸品)が寄贈され、太鼓判を一
       回だけ打ち鳴らし、幸運・円満を祈願する場所になっています。
         *太鼓判由来
             武田信玄が、作った金貨(小判)を甲州金といい、その縁は皮を留める鋲で飾った太鼓
             の縁に似ています。
             正面から見ると太鼓の形なので、この小判を太鼓判と命名しました。
         *信玄太鼓判とは
             山梨県の伝統工芸(太鼓・ハンコ・和紙)の技術を終結し、日本で初めて誕生した太鼓と
             印判が和合した県の工芸品。


  ● 弥三郎権現
       昔、甲斐の国、御岳(今の昇仙峡)にある名刹羅漢寺に弥三郎と
       いう酒造りの名人が寺男として住んでいました。
       この弥三郎は武田家の勝ち戦の祝い酒などを造り、大変重宝が
       られておりましたが大の酒飲みで失敗が多く、その非を住職に
       いさめられ、一斗の酒を最後に禁酒を誓い、その夜この頂上より
       天狗になって消えてしまったと伝えられ、いつの頃からか、ここは
       弥三郎岳と呼ばれ、弥三郎権現としてこの頂上の南側絶壁の岩
       穴に現在も酒の神として本殿が祭られて居ります。
       最近まで、近郊近在の醸造主がお参りに来たものです。
                                  昇仙峡伝説史より


  ● 昇仙峡(しょうせんきょう)
       秩父多摩甲斐国立公園特別名勝に指定され、 渓流が花崗岩を削り取った奇岩奇石の美しい渓谷
       は日本有数の景勝地です。

                                       
                         

 
           (アクセス)
               車・・・・行き方は沢山あります。
                    弥三郎岳コ-スに載せてありますので参考にしてください。

               (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

                      (画像をクリックすると、大きくなります)


                            ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ