オシンコシンの滝(知床)  
                           
                                       (オシンコシンの滝)

    オシンコシンの滝は、知床八景の一つです。
       日本の滝100選 に選ばれ、落差80Mの滝です。
       途中二筋に分けれて落ちるため、「双美の滝」とも呼ばれています。
       オシンコシン・・・アイヌ語でオシュンクウシ(エゾマツの群生するところ)という意味。
       滝がもっとも美しいのは、知床連山の雪解け水が流れ落ちる、新緑の頃だそうです。
       滝上には散策路があり、頂上にはオシンコシン展望台があります。
       場所は、斜里とウトロを結ぶ国道334号沿いにあり、駐車場・売店が完備しています。

                      
     
             (上からの滝)                  (藻琴山・・滝の上から撮影)

                 (画像をクリックすると大きくなります)

    藻琴山は、カルデラ湖・屈斜路湖の北壁上にそびえる標高1,000mの円錐体の山です。
    山名は藻琴川の源頭にあるためです。
    藻琴はアイヌ語で@モコト=小沼、Aムク・トウ=尻がふさがる沼等の説があります。
    アイヌ名は トエトク シペ ・・・・・沼の奥にある山  という意味。
                 
    (知床八景)
       知床五湖・知床峠・オシンコシンの滝・オロンコ岩・夕陽台・フレベの滝・プユニ岬・
       カムイワッカ湯の滝


                        ● (ホームへ) ●                  
                             

HTML Builder from Excel   作成:QQQ