茂来山 ( もらいやま  1,717.8M  長野県佐久穂町 )
茂来山からのパノラマ 霧久保沢コース

  (茂来山 1,717.8M)
     もとは”貰井山”と書きました。
     昔、八ヶ岳の名前をつけるには峰の名前が七つしかなかったので、
     東方にある貰井山をもらって八つとして八ヶ岳としました。
     そこで貰井山→茂来山と呼ばれるようになりました。
     今ではお嫁さん(お婿さん)をもらいたい、縁結びの山として人気です。
     頂上には、皇太子浩宮様が独身時代の1978年に登頂された登山記
     念碑があります。
     中高年の登山が増え、地元では小学校や町民登山が毎年行われ、
     元旦登山も行われます。


 


  


  (茂来山トチノ木・コブ太郎)
        推定樹齢・・・250年   樹高・・・22M   幹周・・・5.31M
        長野県内で選ばれた4本のうちの1本です。
             佐久町のトチノキ”茂来山のコブ太郎”
             飯山・鍋倉山のブナ”森太郎”
             木曾郡楢川村のカラマツ”ジャンボカラマツ”
             東部町のシナノキ”弘法大使の逆さ杖”
        茂来山コブ太郎保護協議会の方達が保護活動を進めています。
        佐久町観光協会に頼むと、ボランティア観光案内人がガイドをし
        てくれるそうです。
           山里では、昔から木の実を食糧の足しにしてきました。
           その頃は田も畑も少なく、年によっては寒い夏や長雨の年
           も度々あり穀物の収穫が少ない時が多く、木の実は大切な
           食糧でした。
           木の実はくり・とちのみ・くるみなどです。
           茂来山の森でも、実のなる木は大切にされてきました。
           明治時代を迎え、国の管理する国有林(現在の東信森林管
           理署)になってからも、実のなる木は残すように努めました。
           炭焼きや木材として伐採する時も、とちの木は伐らずに残さ
           れてきました。
           その中の一本が、とちの木・コブ太郎です。

                       



    (大王トチノキ)
        ”コブ太郎”より樹齢が古く、幹周りの大きいのでこの名が付き
        ました。
        とても大きな木で、根元付近はゴツゴツしています。
        昔は、この付近の山に沢山あるトチノキの実を材料にして、これ
        をあく抜きしてトチ餅を作ったり、穴を開けてトチ笛を作りました。


    (槙沢コース)
        国道299号 館・旭入口 → 林道茂来線 → 徒歩は林道槙沢線
        車は林道槙沢線分岐点から500M先登山道標左折 → 管理小屋
        → 駐車場 → 登山道 → 大クリの木 → 急坂・原生林
        → 霧久保沢コース合流 → 山頂

         (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

    (交通)
        中央道・・・・須玉IC又長坂ICから国道141号千曲病院入口(右折)
                国道299(十国峠方面) 館・旭入口まで10分
                               滝平橋まで12分

        上信越道・・・佐久ICから国道299号 館・旭入口まで48分
                               滝平橋まで50分

        バス・・・・・・・JR小海線羽黒下駅・臼石荘行き   槙沢入口、東小前 下車


                         


                        (画像をクリックすると、大きくなります。)


                              ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ