櫛形山( くしがたやま 2,052M  山梨県南アルプス市 )
櫛形山頂上からのパノラマ 裸山からのパノラマ
アヤメ平からのパノラマ
池の茶屋コース
櫛形山の花々

   ● 櫛形山
        甲府盆地のどこからでも見える山です。
        黄楊の櫛のようにゆるい頂稜(丸山1625m・唐松岳1856m・裸山2003m・奥仙重2052m)を
        描いている所から、この山名の由来になりました。


                     


    

                             (裸山より)

       東洋一という山頂部周辺のアヤメの群生地は有名です。。
       故田中澄江さんは著書「新・花の百名山」の櫛形山の項の冒頭で
           十年前に「花の百名山」を出版し、その年の七月に櫛形山に登り、アヤメ平を一面の紫に
           染めるアヤメの大群落を見て、「あっ、しまった」と思った。
           櫛形山こそ、その中にあげたい山であった。
        と述べられています。
        アヤメ平から裸山には、約8万年前から自生している約3000万本の大群落があり、7月中旬
        〜下旬が見頃です。

          ●現在はアヤメが激減しています。
              原因にはシカの食害が指摘されていていますが、気象条件や土壌の変化など、さま
              ざまな要因が絡んでいる可能性が高いとみて、専門家に原因や対応策について相談
              するそうです。
                                        (2007年7月10日付 山梨日日新聞)
              詳しい状況


   ● アクセス
       沢山のハイキングコースがあります。
       ”池の茶屋コース”へのアクセスは、池の茶屋コース内に載せてありますので、参考にしてください。
       林道を工事している場合・また冬季は通行止めになりますので、事前に問い合わせてください。

                (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)


                           


                        (画像をクリックすると、大きくなります)


                              ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ