黒斑山 ( くろふやま 2,405M 長野県小諸町 )
トミーの頭からのパノラマ 黒斑山・頂上からのパノラマ 表コ-ス〜中コース

  (黒斑山)
     黒斑山の標高は、2,405Mで、浅間山第一火口壁の最高峰です。
     この第一火口壁は、約3万年前にできたといわれています。

     浅間山は三重式のコニーデ型火山で、約5万年前には3,000M級の山だったそうです。
     3万年前の噴火で現在の第一火口壁ができました。
     そのご第二火口壁ができ、これが今の前掛山です。
       (佐久方面から見る浅間山は前掛山で、本峰は見えません)
     現在のものが第三火口で、火口の直径は約350Mと言われています。


              (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)


                       


             (上信越・・・小諸IC ・ 佐久IC どちらからでも行く事が出来ます)


                       (画像をクリックすると、大きくなります)


                             ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ