雲取山( くもとりやま 2,017M  東京都の最高峰 )
木の切られた場所からのパノラマ
三条ダルミからのパノラマ
雲取山頂上からのパノラマ
避難小屋そばからのパノラマ
三条の湯コース

   ● 雲取山
       日本百名山の一つ。
       東京都西多摩郡奥多摩町・埼玉県秩父市・山梨県北都留郡丹波山村の境界にあり、東京都の最高峰であ
       り、最高地点です。
       東京都水道局の水源林(東京都水源林)となっています。

      


            


   ● 山名の由来
       ”武蔵名勝図絵”では、日原村の項目で
           大雲取山村の西にあり。
           甲斐丹波山村と秩父郡大血川村の堺によれり。
           この辺は悉く高山なれど、わけてこの山は峻峰にして、雲をも手に取るが如く思うというより斯くは号
           するなり。
       と、説明しています。
       古い文献では、
           ”雲取の名は、熊野の雲取山から導かれた”
       としたものもあり、”雲採”の文字も見られるそうです。

                  (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)


                           


        ● アクセス
             車・・・・・・・・・国道411号の”お祭”で後山林道に入ります。
                        (奥多摩湖方面からは右折。塩山市方面からは左折。)
                      電柱に”三條の湯 ここから10km”
                      また標識”秩父多摩国立公園 雲取山・飛竜山・三條の湯”がたっています。
                      ほとんど舗装がない道を、後山川に沿って”後山林道”進みます。

             電車・バス・・・JR奥多摩駅下車。
                      西東京バス ”丹波行き” で約40分。
                      バス停:お祭で下車し、後山川に沿って”後山林道終点”まで徒歩約3時間です。


                        (画像をクリックすると、大きくなります)


                              ● (ホームへ) ●



HTML Builder from Excel   作成:QQQ