小八郎岳 ( こはちろうだけ 1,475m 長野県松川町 )
小八郎岳のパノラマ 鳩打峠コ-ス

   ● 小八郎岳
        山頂は中央アルプス烏帽子岳へのコース途中にあり、東屋・石碑(片桐小八郎霊)・方位盤があります。
        背後には烏帽子岳が見え、南へ念丈岳、大島山、本高森山の稜線が続き、南アルプス方面は伊那谷
        と南北に連なる伊那山脈と南アルプスの山々が展望できます。

   ● 片桐小八郎
        保元の乱(1156年)で源頼朝の父源義朝に従い勇名を馳せた武将で、避暑のため夏城として滞在し
        た山が小八郎岳であったことから名付けられたそうです。


          

                               (烏帽子岳方面)

      

                        (伊那山脈と南アルプス方面ですが・・・・)


                          


        (アクセス)
            行き方は沢山あります。
            鳩打峠コ-スに記載してありますので参考にしてください。

                (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

                       (画像をクリックすると、大きくなります)


                             ● (ホームへ) ●


HTML Builder from Excel   作成:QQQ