笠取山 (かさとりやま 1,953M 山梨県甲州市・埼玉県秩父市) 
笠取山からのパノラマ
分水嶺からのパノラマ
作場平口〜ミズナラ林〜笠取山コース 笠取山〜ヤブ沢〜作場平口コース

  ● 笠取山(かさとりやま)
        笠取山は多摩川の源流の山で、最初の一滴を見ることができます。
        また多摩川・荒川・富士川の分水嶺があります。
        笠取山の急坂を登ると、標識”山梨百名山”がたっていて、富士山はじめ大菩薩・南アルプス・秩父の
        山々が見渡せます。
        その先には、シャクナゲや落葉樹に囲まれた狭い ”笠取山頂上” があります。
        標識は ”笠取山 1,953M 埼玉県” となっています。

  ● 笠取山名の由来
        笠取小屋方面から笠取山頂を望むと、笠をかぶったような形なので、その山容に由来したようです。
        別名を袴腰山と呼び、一ノ瀬付近から望むと袴腰に似ているからだそうです。

 


       


  ● 東京都の水道水源林
        多摩川の安定した水を確保する為、多摩川上流域の森林を1901年
        (明治34年)から100年以上にわたり管理してきています。
        範囲は、東京都と山梨県にまたがり、東西31km南北20kmで面積は
        約21,600haにおよんでいます。
        ”緑のダム”ともいわれる森林のもつ効用が十分に発揮できるように
        守り育てています。
        全国の中の代表的な水源の森林の一つとして、1995(平成7)年、
        ”水源の森百選”に認定されました。


              (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

       ● アクセス
             ”作場平口〜ミズナラ林〜笠取山コース” に載せてありますので、参考にしてください。

                         


                      (画像をクリックすると、大きくなります)


                             ● (ホームへ) ●


HTML Builder from Excel   作成:QQQ