今熊山( いまくまやま 505.7M 東京都八王子市 )
今熊山頂からのパノラマ 第二見晴台からのパノラマ 今熊神社コ-ス

   (今熊神社の由来)
       今熊神社は、都立秋山丘陵自然公園内の標高505.7mの今熊山の麓に位置しています。

       第27代安閑天皇の妃宮橘の仲皇女が浪花路で行方不明になられた時、天皇の夢枕に
          武蔵国今熊山の詣で祈願すれば妃の居所はわかる
       とのお告げがあり、無事に見つかったと伝わっています。
       そのため江戸時代より 「関東のよばわり山」 といわれ、行方不明者を探す人々の信仰を
       集め、関東有数の霊山として繁栄した歴史を持っています。

       元治元年(1864年)正月、火災により社殿焼失、その後再建されました。
       また昭和17年、山頂の御本殿が焼失し、昭和51年に現在地に再建され、権現造りの美しい
       遥拝殿は川口の総鎮守にふさわしいものです。
       今熊神社に伝わる伝統獅子舞は、昭和35年八王子市の無形文化財に指定されています。

   (今熊山)
       標高505.7mで、ツバキ、モミ、ブナ(イヌブナ)などの貴重な植生を有し、春にはミツバツツジが
       美しく山腹を彩り、野草も多く見られます。
       金剛の滝は落差約12メートルで、渓谷にはヒダサンショウウオ、ナガレタゴガエルなどの両生
       類が生息しています。

   (八王子八峰登山大会)
       毎年5月に八王子八峰登山大会が開催されます。
          今熊山・刈寄山市道山・醍醐丸・陣馬山景信山小仏城山高尾山と八王子の八に
          ちなんで8つの峰を結び、合計32.5kmを踏破します。
          アップダウンの多い約10時間のコースです。
          (醍醐丸、市道山、刈寄山の各山頂部分は、八王子市域には属していません)
               健脚コース(32.5km:今熊 〜 高尾山口)
               前半コース(19.3km:今熊 〜 陣馬高原下)
               一般コース(18.5km:陣馬高原下 〜 高尾山口)


                      



                      

               (周辺地図)                   (ハイキングコース)


     (車で行く場合)
         秋川街道を八王子から、あきるの市に向かい、新小峰トンネル手前の信号を左折します。
            (バスの方はトンネル手前の 今熊バス停 下車)
         その後は、今熊神社コースに載せてあります。


     (バスで行く場合)
         京王八王子駅・JR八王子駅北口から 「五日市行き」 にて “今熊” 下車(約40分)
         JR武蔵五日市駅から 「川口経由京王八王子駅行き」 にて ”今熊” 下車(約15分)
             バス停から今熊神社まで、徒歩20〜30分。


      ● 八王子 WEB NETWORK 八王子タウン情報  のホームページを参考にしました ●
         ● 東京の里山天合峰・川口の自然を守る会 のホームページを参考にしました ●


             (山道などが変更されている場合もありますのでご注意ください)

                    (画像をクリックすると、大きくなります)


                          ● (ホームへ) ●

                                                               

HTML Builder from Excel   作成:QQQ