ひめゆりの塔・でいごの塔(沖縄県糸満市)

  (ひめゆりの塔)
      ひめゆりの塔は沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒、教員で結成された
      従軍看護要員で、学徒隊219名の御霊を祭る慰霊塔です。
      「ひめゆり」とは、2つの学校にあった校友会誌「乙姫」[おとひめ]と「白百合」[しらゆり]を合わ
      せたものです。
      戦渦の中、献身的な活動で日本軍を支えた少女達でしたが、米軍の包囲の前に多くの犠牲者
      を出しました。

             

           (慰霊塔)

             

          (第三外科壕)                                  (顕彰碑)


       ● ひめゆり資料館
            資料館に入ってすぐに年表があります。
            これは、ひめゆり学徒の犠牲の事実を展示する前に、戦争を引き起こした背景から伝
            えようとするものです。
            また資料館ではひめゆり学徒の生存者が展示の説明、体験などを語っています。

  (でいごの塔)
       ひめゆりの塔周辺の喧噪からすこしはなれて、駐車場の裏手にでいごの塔が建っています。
       学徒として動員され死亡した私立昭和高等女学校の生徒を祭っています。
       ひめゆり学徒以外にも5校の女子学徒隊が戦地へ動員されました。

                       

              (でいごの塔)                   (ひめゆり資料館)

                       



                       


                 ・ 那覇空港から車で約40分。
                 ・ 那覇から糸満市行きのバスで約30分、
                   さらに糸満市から[82][107][108]のバスで約15分、
                   ひめゆりの塔前下車


                    ● 那覇市のHPを参考にしました。 ●


                     (画像をクリックすると、大きくなります)


                           ● (ホームへ) ●

  

HTML Builder from Excel   作成:QQQ